名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

アンデルセン 名言/格言

アンデルセン

 

ハンス・クリスチャン・アンデルセンとは(画像

デンマーク童話作家。生誕1805年。ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、1805年、デンマークのオーデンセで貧しい靴屋の息子として生まれました。役者を志し、14歳で家を出てコペンハーゲンに移ります。1835年に前年からのヨーロッパ旅行での体験をもとに、最初の小説である『即興詩人』を発表して名を挙げてのち、『人魚姫』『みにくいあひるの子』『裸の王様』『マッチ売りの少女』『絵のない絵本』など、70歳でこの世を去るまでに数多くの童話を発表しました。民族説話から採った童話で有名なグリム兄弟に対して、創作童話が多いという特徴があります。

 

「私の一生は一編の童話であった」と語ったアンデルセンの童話は、今も世界中で愛読されています。児童文学の地位が今のように高いのもアンデルセンの功績によるものです。

 

 

スポンサーリンク

 

アンデルセンの言葉

 

『すべての人間の一生は、神の手によって書かれた童話にすぎない。』

 

カテゴリー:人生/生死

醜いアヒルの子、親指姫、人魚姫、裸の王様、マッチ売りの少女、これらは全て、アンデルセンが生んだ名作である。童話作家ならではの、このアンデルセンの言葉だ。

>>続きを見る

 

『山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。』

 

カテゴリー:友情/仲間

ソクラテスは言った。『大きな湖も少しずれた高い丘から見ると、その形がわかるように、この裁判も少しずれたところから眺めると、真実が見える。』

>>続きを見る

 

『自分がみにくいアヒルだと思っていたころは、こんなたくさんの幸せがあるなんて、思ってもみなかった。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分が『醜いアヒルの子』、つまり『その集団の中で最も無能の烙印を押される劣等生』だと思っていれば、それはそれは、見える景色の色は暗く、逆に周囲のアヒルたちが、輝かしく光る。

>>続きを見る

 

『家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない。』

 

カテゴリー:自己/精神

ゲーテは言った。『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

>>続きを見る

『旅は私にとって精神の若返りの泉だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

29歳で尊厳死を選んだ、ブリタニー・メイナードは言った。『この世界は美しい場所です。旅は、私にとって最も偉大な教師でした。最も偉大な支援者は、近しい友人や仲間たちです。こうしてメッセージを書く間にも、私のベッドのそばで応援してくれています。

>>続きを見る

『家畜ですら牧場を去るべき時機を知っているが、愚かな人は自分の貪欲の制限を知らない。(その2)』

 

カテゴリー:自己/精神

家畜が牧場を去る時は、この世を去る時だ。何しろ、人間の食事となる。粒立てて言えば、殺されて、肉をはぎ取られ、切り刻まれて、焼かれてしまうのだ。とても残酷だが、その過程を見ている人は、だからこそ命の有難味をよく理解している。我々は皆、循環しているのだ。

>>続きを見る

『目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、鏡を使えばそれが可能になる。しかし、『鏡を使えば』の話だ。使わなければ見れない。ここに大きなカギがある。人は、自分という存在の証明を、『自分以外のなにものかの反応』によって認識する。例えば、家族や友人。それらの人間関係は、自分に対してどういう反応をするだろうか。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP