名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

アルフレッド・アドラー 名言/格言

アルフレッド・アドラー

 

アルフレッド・アドラーとは(画像

オーストリア心理学者通称『個人心理学(アドラー心理学)創始者』。アルフレッド・アドラーは、オーストリア出身の精神科医です。他にも、心理学者や社会理論家としての一面を持っており、心理療法を確立した一人として知られています。1870年2月7日にウィーンの郊外で生まれた彼は、幼い頃に難病で苦しんだ経験から医師になることを志します。そして医師になった後もさまざまな分野で精力的に活動を続け、子どもたちのために尽力する心理学者として知られていくようになります。

 

アドラーの残した名言としては、「健全な人は、相手を変えようとはせず自分が変わる。不健全な人は、相手を操作することで、変えようとする。」というものや「人生が困難なのではなく、あなた自身が人生を困難にしている。人生は非常にシンプルだ。」というものがあります。他者のせいにするわけではなく、自分で何とかしていくことの重要性が伝わる言葉です。

 

 

スポンサーリンク

 

アルフレッド・アドラーの言葉

 

『「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人であるアドラー。彼は言う。『人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。過去の原因は「解説」にはなっても「解決」にはならないだろう。

>>続きを見る

 

『判断に迷ったときは、より大きな集団の利益を優先しなさい。自分よりも仲間達、仲間達よりも社会全体。そうすれば判断を誤ることはないだろう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

生まれた時から、すでにそういう風になっていて、周りが皆自分のことをやっているから、自分も必然的にそうなる。

>>続きを見る

 

『行動するたびに叱られ、褒められて育った人間は、叱られるか、褒められるかしないと行動しなくなる。』

 

カテゴリー:教育/愛情

「よくできたね」と褒める必要はない。ただ「ありがとう」と感謝を伝えるだけでいい。感謝される喜びを知れば、自ら進んで周囲に貢献しようとする人間になる。

>>続きを見る

 

『子供にとっては、家族が世界のすべてなのだ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

この問題は、私にとっても非常に重要なテーマの一つである。いや、最も重要だと言ってもいいかもしれない。何しろ、私の人格形成は、私の家族によって象られたからである。

>>続きを見る

 

『過去を後悔しなくていい。未来に怯えなくていい。そんなところを見るのではなく、今この時に集中しなさい。』

 

カテゴリー:時間/運命

岡本太郎は言った。『過去にこだわったり、未来で誤魔化すなんて根性では、現在を本当に生きることはできない。』ローマの哲学者、セネカは言った。『過去はもはや関係がなく、未来はまだ来ぬ。』

>>続きを見る

 

『問題の原因など、どうでもいい。大切なのは解決策と、これからどうしたいかだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかし、問題が起きた時に、その物事を考えて、糧にし、同じ過ちを起こさないようにて、その位置から前に進んでもらう為には、指導者は、『事例、問題性、助言』という3つのテーマを軸に、考えてあげなければならない。

>>続きを見る

 

『他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である。』

 

カテゴリー:自己/精神

非常に意味ありげな、興味深い言葉がある。ジャン・アノイルは言った。『全世界のためを思って泣くなんてできない。人間の力の及ばないことだ。何のために泣くかは選ばなければならない。

>>続きを見る

 

『未熟な自分を責めてる限り、幸せにはなれない。未熟な自分を認めること。それができる者だけが強い人間になれる。』

 

カテゴリー:自己/精神

つまりこういうことだ。第二次世界大戦で、我々人類は知ってしまった。経験を積み、データを蓄積してしまった。それから万が一のために防衛技術を研鑽し続け、現時点でも70年の月日が経った。その間に磨き抜かれた戦略や、武器や、科学は、凄まじい成長を遂げている。

>>続きを見る

 

『どんな能力をもって生まれたかはたいした問題ではない。重要なのは、与えられた能力をどう使うかである。』

 

カテゴリー:自己/精神

三島由紀夫はこう言い、『天才というものは源泉の感情だ。そこまで堀り当てた人が天才だ。』ゲーテはこう言い、『才能は静けさの中でつくられ、性格は世の荒波の中でつくられる。

>>続きを見る

 

『幸せの三要素は、自分自身が好きかどうか。よい人間関係を持っているかどうか。そして、人や社会に貢献しているかどうか。』

 

カテゴリー:自己/精神

そうじゃなければ、そこにあるのは『楽しい人生』ではなく、『楽な人生』である。 私の会社のHPで、挨拶文に書いているのはこうだ。

>>続きを見る

 

『扱いにくい相手とうまく付き合うには、相手が何とか自分を優秀に見せようとして、躍起になっていることを念頭に置くこと。その観点から相手と付き合ってみなさい。』

 

カテゴリー:自己/精神

『扱いにくい人間』の代表であるだろう、私の周りにいる、全ての『扱いにくい』と勝手に定めて決めつけている人間に、アドラーのこの言葉を見てもらいたいものだ。つまり彼らは、自分が優秀だと自惚れていて、傲慢不遜である。

>>続きを見る

 

『他人のことに関心を持たない人間は、苦難の道を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかけることになる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『他人のことに関心を持たない人間は、苦難の道を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかけることになる。人間のあらゆる失敗は、そういう人たちの間から生まれるのです。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP