名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

アルベルト・シュヴァイツァー 名言/格言

アルベルト・シュヴァイツァー

 

アルベルト・シュヴァイツァーとは(画像

ドイツ哲学者。生誕1875年

 

 

スポンサーリンク

 

アルベルト・シュヴァイツァーの言葉

 

『あなたがたの運命がどうなるかわからないが、一つだけわかっていることがある。あなたがたの中で幸せになれるのは、どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、ついにそれを発見した人々だけである。』

 

カテゴリー:時間/運命

マザー・テレサやマハトマ・ガンジーと並び、20世紀のヒューマニストと言われるシュヴァイツァー。シュヴァイツァーの言う様に、『人類への奉仕方法を見出す』ことは、人の人生に大きな影響を与える。

>>続きを見る

 

『福祉事業ほど崇高な宗教はない。公益の為に働くのは、もっともすばらしい宗教である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『それ』は皆、心の底ではわかっていることだ。しかし、『しかし』と言って、それを行わない為の言い訳を瞬時に想像する。

>>続きを見る

 

『気のきいたことではなく、真実なことが肝心なのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私は、社交辞令や、お世辞、見え透いた嘘、慇懃無礼な態度、見栄、虚勢等、それらすべての『メッキ』に対して、嫌悪を覚える。

>>続きを見る

 

『力のある者は、決して騒がない。力のある者ほど、無言のまま働きかける。真の道徳は、言葉の終わった所から始まる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

道教の創案者、老子は言った。自ら自慢する者は業績を認められない。自ら才能を誇る者は、人の長になれない。このような行いはみんなが嫌う。

>>続きを見る

 

『わたしたちは、生きようとする生命に囲まれた、生きようとする生命である。』

 

カテゴリー:人生/生死

キリストの言葉の超訳記事、『あなたが復讐しなくても私がするから安心せよ。』に書いた言葉を思い出した。

>>続きを見る

 

『楽観主義者には青信号しか見えていません。同じように悲観主義者には赤信号しか見えていません。でも、賢者には両方の信号が見えているのです。』

 

カテゴリー:自己/精神

稲盛和夫は言った。楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する。』武者小路実篤ならこうだ。

>>続きを見る

 

『未来を見る目を失い、現実に先んずる術を忘れた人間の行きつく先は自然の破壊だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『先んずる』というのは、先に何かをするという意味。未来を見る目を失っている人間が、先に何かをしてしまった。その延長線上に、自然の破壊があるということは、人間が刹那的になったということだ。

>>続きを見る

 

『人類が自らの意図によってつくるもの以外に、人類の運命というものはない。それゆえに、人類が没落の道を最後までたどらねばならないとは信じない。』

 

カテゴリー:時間/運命

『信じない』と決断するところから、全てが始まるからだ。 アインシュタインは言った。

>>続きを見る

 

『表面的に流されている生活に魂が苦しんでいると、気付かなくてはならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『物事に関心がなくなり、真面目さや憧れ、情熱、熱意などを失いかけていることに少しでも気付いたら、これは、病気の前触れだと考えなければならない。表面的に流されている生活に魂が苦しんでいると、気付かなくてはならない。』

>>続きを見る

 

『成功は幸せの鍵ではありません。幸せが成功の鍵です。もし自分のしていることが大好きなら、あなたは成功しているのです。』

 

カテゴリー:成功/幸福

これなら公平だ。全ての人間が『成功者』になれるからである。全ての人間に、平等、公正でなければならない。

>>続きを見る

 

『人間とは、愚か者のように振る舞う、賢い生き物である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人間が賢い生き物だと自画自賛しているのか、あるいは、『愚か者の様に振る舞うことが出来るのは、人間だけだ』と、生物学的な話をしているのか、というところがポイントだが、この言い回しなら、恐らく後者である可能性が高い。

>>続きを見る

 

『ある人間が、聖人になるために、天使になる必要はない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そしてナイチンゲールは言った。『天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者のことだ。』この二つの言葉を考えた時、

>>続きを見る

 

『認められるまでは、嘲笑される。これは真理の常である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

なぜなら、『認められる』ということは『成功した(結果を出した)』ということだからだ。ということは、『嘲笑される』ということは『失敗を繰り返している』ということ。

>>続きを見る

 

『まず考え、それから行動せよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『まず考え、それから行動せよ。』その理由はスバリ、この言葉が全てを言い表している。

>>続きを見る

 

『心の灯が消えかかったとき、誰かがあかあかとした灯を差し出してくれることがある。灯を分け与えてくれる人に感謝しなくてはならない。』

 

カテゴリー:友情/仲間

普通は、心の灯が消えかかった時、追い討ちをかけるようにその火を消し去り、『自分のところが明るくて暖かいからおいで』と言って、画策するものである。

>>続きを見る

 

『事実になりうる可能性が考慮されなかったというただそれだけの理由で、長い間もしくは全く、実効のないままに置き去りにされてきた真理は少なくないのです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

その蓋然性は高い。何しろ、『事実になりうる可能性が考慮されなかった』という判断や、『置き去りにする』という概念は、人間独特のものである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP