名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

空海『心暗きときは、即ち遇うところことごとく禍なり。』

空海


日本 空海画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


日本仏教『真言宗』の開祖である、空海。日本仏教、チベット仏教、朝鮮仏教といろいろあるが、どちらにせよ元祖は2500年前の、釈迦(ブッダ)が開いた、仏教(ブッダの教え)である。

 

さてこの言葉、振り仮名を振ると、

『心暗きときは、即ち遇(あ)うところことごとく禍(わざわい)なり。』

 

となる。心が暗いと、色々なことに『遭遇』し、『遭う』というぐらいだから、それは『災い』である。という意味だ。

 

これに、数字を振ってみよう。

 

心が暗い(1)と、

色々なことに『遭遇』し(2)、

『遭う』というぐらいだから、それは『災い』(3)である。

 

これでわかっただろう。(3)という結果は、(1)ありきである。その『負』の原因は(1)にある。(2)や(3)のせいにしているなら、それを『責任転嫁』と呼ぶ。

 

責任転嫁というのは、責任は本当は自分にあるのに、他者にあると思い込み、他者にそれを擦り付けることを意味する。

 

更に深く潜って内省しようと思うなら、

『もし人の負の原因が(自分にある)と思ったら、解決しないのだろうか。』

 

ブッダの言葉の超訳である、この記事を見ると良いだろう。

 

ブッダは言った。

 

ブッダ

 

『木をノコギリで切り倒しても、その根っこが強力なら再びニョキニョキ生えてくる。それに似て、君の心に巣食った欠乏感があまりに強力な呪いであるがゆえ、一時的に落ち着いても根は生きているから、すぐにまたニョキニョキと伸び、苦しくなり、『足りなく』なる。』

 

いくら枝を切り落としても、根っこに問題があるならまた同じような『問題のある枝』は生え続ける。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

空海『心暗きときは、即ち遇うところことごとく禍なり。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『善行をなそうとする人も、悪行をなそうとする人も、まず心の中でそれをなそうと決めてから、その行動をするものである。』

 

『道理に迷って苦しむのも、自分の中にある仏に目覚めて正しく励むのも、みな自分の決心次第である。』

 

『嫉妬は自分とそれ以外の人とは別々の存在だと思う心から生じる。』

 

『もし自分に適していることにその能力を使うなら、物事は極めてうまくゆく。しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うなら、労多く、益は少ないだろう。』

 

『人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。一生懸命磨いて、美しく光り輝く玉になる。』

 

『他人の利益をはかるように努めていると、苦しみの世界に行く因縁が消える。』

 

『周りの環境は心の状態によって変わる。心が暗いと何を見ても楽しくない。静かで落ち着いた環境にいれば、心も自然と穏やかになる。』

 

『修行して悟りを得ようとする人は、心の本源を悟ることが必要である。心の本源とは清らかで綺麗な明るい心である。』

 



↑ PAGE TOP