名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ヘルダーリン『人生の描く線は、道のように、また山々の境のように、様々だ。』

ヘルダーリン


ドイツ詩人 ヘルダーリン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人生の描く線は、道のように、また山々の境のように、様々だ。ここでの我々の姿は、かしこで神が調和と永遠の報いと平和とで補ってくれるだろう。』

 

『かしこ』というのは、恐れ多くも、という意味だから、

『人間が生きる人生は実に十人十色だけども、それを恐れ多くも神がしっかりと管理、統一してくれるだろう。』

 

とかいう、そういうイメージが浮かび上がってくる。

 

 

『調和』と『永遠の報い』と『平和』がつまり、『管理、統一』ということである。

 

例えば、私が実に8000の偉人の名言を内省して導き出した言葉の中に、

『神(真理、愛)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく』

 

というものがあるが、それを考えた時、このヘルダーリンの言葉は、つじつまが合うのだ。

 

『神』という言葉は単なる日本語である。これを、『神様』という、いわゆる人間の姿をして、杖を持って、真っ白な姿をしている老人、とかそういうことではなく、『法則』のようなものだと解釈する。

 

要は、その様な圧倒的な規範というものが存在していて、そこから逸れると、心が虚無になる。例えば、人を殺したり盗んだりすれば、刹那の快楽はあったとしても、長期的な視野で見ると、心に虚無が訪れることになる。それはつまりここで言う『永遠の報い』である。

 

しかし、子供に愛情をかけて育てたり、怪我人や老人、あるいは困っている人を助けたりすると、そこに訪れるのは虚無の真逆である、温かい心である。それはつまりここで言う『平和』である。

 

『調和』も同じ考え方だ。それは秩序であり、逆にどうすれば混沌に陥るか、という法則が働いていて、それを管理しているのが『神』という実態である。

 

神でも真理でも愛でも、呼び方はどうだっていい。こんなのはただの日本語だ。この言葉自体に意味などない。重要なのは、この言葉が指し示すものなのだ。

 

この圧倒的な規範が存在している限り、『調和、平和、永遠の報い』という結果が存在することになる。だとすると、その圧倒的な規範は、実に神々しく、厳かで、崇高なものだ。それを『神』という言葉を使って崇めたくなるのもわかる。その言葉は、人間が考えられる最も崇高なものにつける名称だからだ。

 

それに従っていれば人間の心は平和になり、それに逆らえば人間の心は虚無に侵される。

 

 

この話は極めて重要である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

5.『偶然に期待する人間は、支配される。

偶然などない。その主体性を持つ人間が支配する。


>>続きを見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ヘルダーリン『人生の描く線は、道のように、また山々の境のように、様々だ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『危険の存在するところ、救いもまた育つ。』

 

『我々は、我々の内部に美しいものすべての原像を秘めているが、だれひとりその像には似ていない。』

 

『不幸を担うことは難しいが、幸福を担うことはいっそう難しい。』

 

『故郷を持たぬ人は、土地に根をもたない草木のようだ。そして願わくは、心が故郷を失って、あらぬ方へと、さまよい行くことのないように。』

 

『おお 人情に通じた人よ!彼は子どもたちの相手をするときは子どもっぽいしぐさをする。だが、樹木と子どもは、頭上のものを求めるものなのだ。』

 

『危険の存在するところ、救いもまた育つ。』

 



↑ PAGE TOP