名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ジョージ・ワシントン『戦争に備えることは、平和を守る最も有効な手段のひとつである。』

ジョージ・ワシントン


アメリカ大統領 ジョージ・ワシントン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『戦争に備える』ということは、『軍隊を持つ』とか、『核兵器を持つ』、ということだけではない。それ以外のことも『備える』という言葉の範囲内にあるわけだ。そうじゃないなら、こんな言葉何の役にも立たない。

 

山本五十六も、

『百年兵を養うは、ただ平和を守るためである。』

と言ったが、忘れてはならないのは、彼は最初から戦争に反対していたという事実だ。

 

山本五十六はこうも言ったが、

『私にやれと言われれば、1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれます。しかし、その先のことはまったく保証できません。』

 

暴れることなど簡単だが、しかしその先に未来がないなら何の意味があって争いをするのか。当時の圧倒的な上下関係がある中でのその発言からは、山本五十六の断固とした意志が垣間見えるのであった。

 

孔子の言葉の記事に書いた、

孔子

『国を安定させる3つの条件とは。』(超訳)

 

にもあるが、軍備、食料、信頼関係、この3つさえ揃っていれば、確かに国は安定する。だがその中で、一つ削らなければならないとしたら真っ先に挙げられるのが『軍備』だ本来軍など、必要ないのだから。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

16.『持つべき愛国心の『国』は国家のことではない。『地球』のことだ。

『愛国心』という言葉も、国家も言語も、全て人間が決めたことだ。では、その『人間』とは、どういう存在なのか。


>>続きを見る

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『歪んだ正義があるなら、その基準となる正義がある。だが、それが本当に正義だと決めつけるのは人間本位だ。しかし、間違いなく歪んだ正義がある。』

黄金律

『真の法律、仁義、道徳、倫理、大道といったものは、まるで、地球を囲む大気圏だ。その一線を超えたら、人は、人でなくなってしまう。』

 

 

 

ジョージ・ワシントン『戦争に備えることは、平和を守る最も有効な手段のひとつである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『下手な言い訳をするよりも言い訳しない方がましだ。』

 

『常に継続してやっていれば、素晴らしいことが出来るようになる。』

 

『政治とは理性ではない。雄弁でもない。政治とは力である。炎のような、つまり、危険な使用人であり、恐ろしい主人である。』

 

『賭博は貪欲の子供であり、不正の兄弟であり、不幸の父である。』

 

『人々の権利を確保するため、人々の間に政府が組織される。』

 

『正直は、常に最上の政策である。』

 

『過去の過ちから役に立つ教訓を引き出すためと、高価な代償を払って得た利益を得るためでない限り、決して過去を顧みるな。』

 

『その場にいない人を、批判してはいけない。』

 

『人の話の腰を折ってはいけない。人の話題を横取りしてもいけない。』

 

『友情は成長の遅い植物である。それが友情という名に値する以前に、それは幾度か困難の打撃を受けて耐えなければならぬ。』

 



↑ PAGE TOP