名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松本人志『笑いは0円で作れる。』

松本人志


日本芸人 松本人志画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


創造力が豊かであれば、確かにその通りだ。もしその創造力が豊かであれば、0円で無限に商品を生み出せるようなものだから、経費が全く掛からない。売り上げた分だけ、笑わせた分だけ利益になるのである。こんなに粗利益が高いビジネスはない。

 

 

しかしそれは、その『0円で捻出した笑いを、利益に変えるシステム』を構築することが大前提である。従って、もし松本人志がそのシステムを構築したというのであれば、彼の功績は非常に大きなものとなる。そうではなく、他の先輩がやったということなのであれば、功績があるのは先輩だ。

 

しかし、では松本人志はそのレールに乗っただけの『二番煎じ』的な存在なのかというと、それもまた首をかしげざるを得ない。

 

企業でも、0から1にする創業者と、それを100や1000にするに代目社長とでは、その役割は大きく異なる。彼が日本の芸人の道を切り開いたのではない。しかし、彼は断じて、二番煎じではない。事実、彼がNSCに入った頃は、まるで焼け野原の様な状態だったのだ。

『今、漫才をやるなんて、考えられないぞ。』

 

そう言われていたのだという。だとすると、彼は『復興』させたのだ。『再建』させた。それが彼が『二番煎じ』ではない、という感覚の正体だ。だから、彼が0から1を生み出す創造性がある革命児でもあり、1を100にも1000にも変えることのできるクリエーターにも見えるのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

黄金律

BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

松本人志『笑いは0円で作れる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『まあ俺は、カンニングで覚えたんですけどね。』

 

『逆になぜ海外で人気がないのかを聞きたいですけどね。』

 

『曲がり角があるなら曲がったら良いんですよ。』

 

『日本で売れるためにはオバチャン連中に受けないとダメ。オバチャンは、自分が全て把握できる未完成のものが好き。』

 

『俺はお前と同じ方向に進んでない。』

 

『生きた人のなかで、いちばん笑い声を聞いた耳でありたい。』

 

『どんな頭のいい人でも笑わすことができたというのは、その人が予想もつかないことをいえたっていう、なんか優越感みたいなものを覚える。』

 

『僕はただ笑いの才能があるから、お笑いをやっているのではない。まず才能があり、好きだから、お笑いを追及しているのだ。』

 

『オリンピックで金メダル獲った奴が一番、足が速いと思うなよ。世の中には、もっと足の速い奴がおんねん。速すぎて見つかれへんだけや。』

 

『お笑い界の『日本代表』として、日本の笑いが世界のトップレベルだっていうことを証明してやりたい。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP