名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松本人志『逆になぜ海外で人気がないのかを聞きたいですけどね。』

松本人志


日本芸人 松本人志画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『ガキの使い』に取材しにきた海外の人間が、

『この番組がなぜ日本で人気があるのかを取材しに来ました』

 

と言うと、松本はこう言った。

『逆になぜ海外で人気がないのかを聞きたいですけどね。』

 

スタジオは笑いに包まれた。もちろん、海外の人は『どうしてこんなクソ番組が』という意味で言ったのではないだろう。だからこそ、彼女らの番組で最初に取り上げる題材として、日本の『ガキの使い』をわざわざ選んで、取材しに来たのだから。

 

しかし松本はそういう風に、半ば相手の揚げ足を取るような言い回しをしたわけだ。これはもちろんいつもの毒づいた松本流の冗談の一つである。しかし、私は長年見てきて、彼に『海外コンプレックス』があることを知っている。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    松本人志の言葉を自分のものにする



    まず、彼の映画『R100』は、ほぼB級映画だったわけで、めった打ちに酷評されたわけだ。私などは、(よくこんなB級クソ映画を堂々と公開できるな。やっぱ松本は飛びぬけてるな。)と思い、ある意味で彼を尊敬したものである。

     

    これは嫌みではない。私は彼の番組は欠かさず観るから、むしろ好きである。正直な感想を言っているだけだ。『さや侍』などは、涙をこらえるシーンもあった。

     

    本人自身も、『遺書』を書いた時、今の年齢になったら、もっと違う舞台に立っていた自分を想像していたらしく、しかし現実は全くその理想と違うから、『夢が叶った』という実感が今でもないらしい。

     

    それはおそらく、映画監督を通してポスト『世界のキタノ』を狙い、願わくば自分の笑いが、全世界に通用してほしい、という野心が根底にあるということを示唆している可能性があるわけだ。

     

     

    例えば、くまだまさしや、海外ウケが間違いないと言われている人間を、もっとプッシュしてもいいわけだ。

     

    陣内智則や、芥川賞を取った又吉。後輩に、世界規模になる可能性のある人間が何人かいるというのに、先輩としてそれをバックアップせず、自分のエゴだけにしがみついている印象を受ける。

     

    松本は確かに、才能が認められなくて埋没していた、鬼奴やバカリズム、野性爆弾の川島などを評価して、バックアップしたことはある。

     

    彼自身、

    『才能がある人間が正当に評価されるべきだ』

     

    という意見を言っていて、自身の過去の体験と照らし合わせ、目に涙を浮かべることもあった。しかし、そのどれもこれもが『松本の下であることが前提』であり、自分を超えることは許さない、という考え方があるように見えるのだ。

     

    恐らく、そこにあるのは『嫉妬』だ。自分が『世界規模の人間』でないことに、劣等感を覚えている。私は長い間彼を見てきて、日本では抜群の地位を築いたが、まるでピエロの様なイメージで、『しかし、世界規模ではない』という事実に、虚無を覚えているように見受けられるのである。

     

     

    だから、この松本の発言、

    『逆になぜ海外で人気がないのかを聞きたいですけどね。』

     

    というものは、一見するとその場の雰囲気を和ませようとして笑いを取りに行ったように見えるが、本当は、『ホーム(アウェイの逆)』の立場を利用して、鋭いナイフをギラつかせた、海外への自己主張だと感じた。

    (俺はここにいるぞ!世界が俺の笑いを理解するべきだ!俺が世界に合わせる必要はない!)

     

    という、魂の叫びが見えた気がしたのである。

     

    『笑い』は確かに、普遍的なものである。だが、『松本の笑い』は、普遍的ではない。(私は彼の笑いも、岡村隆史の笑いも、大好きである。)

     

    彼は、そのあり余る才能一つで確固たる地位を日本に築いたが、それ故に、『何かに合わせる』という柔軟性を忘れ、傲慢不遜に陥っている可能性がある。

     

    もし、『世界に笑いを届けたい』なら、世界共通の、普遍的な笑いを作り上げなければならない。『自分の笑いを理解させる』というのは、エゴイストの考え方だ。

     

    しかし、日本ではその考え方一本でやってこれた。だからこそ、逆に依存してしまって、そこから脱却できないのだろう。このままいけば、彼はガラパゴス化して終わることになる。『別にそれでもいい』というのなら、このまま自分の流儀を貫き通せばいい。それでも日本においては、十分な成功者だ。

     

    だが、世界規模ではない。そして人間規模でもない。この決定的な事実とどう向き合い、答えを出すか。極めて余計なお世話だが、残り少ない彼の人生で、そうしたことが問われているのである。私は彼のファンとして、期待を込めて、彼についてこう考える。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

    黄金律

    BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

    『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    松本人志『逆になぜ海外で人気がないのかを聞きたいですけどね。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『まあ俺は、カンニングで覚えたんですけどね。』

     

    『100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。』

     

    『未完成でも一生懸命やったら伝わるもんやなぁ。』

     

    『幸せとは自分が不幸せなことに気付いていないことだ。』

     

    『お前は、金を見て笑いたいから仕事をしてる。俺は、皆の笑いを見たいから仕事してる。それが、俺とお前の違い。』

     

    『どんな頭のいい人でも笑わすことができたというのは、その人が予想もつかないことをいえたっていう、なんか優越感みたいなものを覚える。』

     

    『僕はただ笑いの才能があるから、お笑いをやっているのではない。まず才能があり、好きだから、お笑いを追及しているのだ。』

     

    『オリンピックで金メダル獲った奴が一番、足が速いと思うなよ。世の中には、もっと足の速い奴がおんねん。速すぎて見つかれへんだけや。』

     

    『お笑い界の『日本代表』として、日本の笑いが世界のトップレベルだっていうことを証明してやりたい。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP