名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪、千紫万紅をつぐないて余れり。』

 

 

ゲーテはこうも言った。

『ここで今これ以上骨を折っても無駄だ!バラならば、花咲くだろう。』

 

千紫万紅(せんしばんこう)とは、色とりどりの花の咲き乱れる様子の意味。花は咲く。だが、花が咲くために必要なのは、つぼみだ。つぼみがなるのに必要なのは、茎だ。

 

今、花が咲いていないのは、まだ準備が整っていないからだ。準備を整えることが必要である。整えなければ、永久に咲かないと言っていい。そのことについて、じっくりと考えるべきである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

ゲーテ『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。』


スポンサーリンク

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない。』

 

『急がずに、だが休まずに。』

 

『考える事は知ることよりおもしろい。しかし、見ることには及ばない。』

 

『我々はつねに、自らを変え、再生し、若返らせなければならない。さもなくば、凝り固まってしまう。』

 

『空はどこに行っても青いということを知るために、世界をまわって見る必要はない。』

 

『自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている。』

 

『前進をしない人は、後退をしているのだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP