名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

尾田栄一郎『追いつめられれば追いつめられるほ程、自分でもわからないパワーが出てくる。』

尾田栄一郎


日本漫画家 尾田栄一郎

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『今でも体力的にはキツイですよ(笑)。ただ、休んだらテンションも下がりますし、マンガのためになることは全部キツイことだっていうこともわかってるので。極限まで考えれば本当にいい話は出てくるし、追いつめられれば追いつめられるほ程、自分でもわからないパワーが出てくる。』

 

私も18歳の時、恩師に言われた言葉が、

『お前は状況が困難であればあるほど力を発揮する。』

 

というものや、

『そのままじゃ宝の持ち腐れだよ。』

 

というものだった。つまりそれは、『出し惜しみしている潜在能力がある』ということであり、それを出さないまま死ぬことは、人生に悔いを残すぞ、というメッセージでもあったのだ。

 

私はまだまだ先があると思っていたから、その時はまだ、『あえて出し惜しみして、いつでもやれる、という自己満足に浸る』という選択肢が頭をよぎるような生き方をしていたが、1年、2年、3年と時間が経つにつれ、刻々と死に近づくことを自覚し始めると、(このままでは人生に悔いを残す)という気持ちが次第に増幅し始め、この能力を引き出すために、自分が置かれる状況を常にストイックなものにするように、意識するようになった。

 

私の周りの人間は、私に対して『ストイック』だという印象を強く受ける人が多いだろう。私がそういう生き方を選んでいる理由には、そういう背景があったのだ。

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

そして世の偉人たちと向き合うことになったのも、

偉人

 

自分の人生が有限であることを強く意識したからであり、そうした内省がなければ、私は今もまだ、のほほんと刹那的な人生を過ごしていただろう。

 

しかし、まだまだ私は全力を出せていると思っていない。生きている間に、命を使い切らなければ。ただし、予期せぬタイミングで死ぬのも、人間の運命である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

尾田栄一郎『追いつめられれば追いつめられるほ程、自分でもわからないパワーが出てくる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『どうやら、自分達の冒険があまりに楽しすぎて、後世に名を残す事を忘れてしまったらしい。まったく海賊って人種は、これだから困る。』

 

『何でドラマを重視したかっていうと、『ドラゴンボール』があったから。』

 

『「おれはお前みたいに頑張って、報われなかった奴を見た事がない」 泣けた。』

 

『中学の時、写生大会で大満足の写真の様な絵を描いた。特選で当たり前だと思ったけど、入選。特選の絵は、中学生らしい元気いっぱいの絵だった。』

 

『『ONE PIECE』は最後がいちばん盛り上がるマンガにします。』

 

『一度人気が出たら惰性でそのままの状態が続けていけばいい、と錯覚してしまう人もいるかもしれない。でもそうなった時点で、それはもう保持ではなくて”後退”なんです。』

 

『うまくいったら自分の実力、失敗したら自分のせい。こういうのが好きです。 』

 

『芸術とエンターテイメントは違います。芸術とは自分を主張するもので、エンターテイメントは人の為の作品づくりです。』

 

『そこは実力がどうとかって考えるより、運と捉えておかないと、数字が下がった時にどうしていいかわからなくなっちゃうと思うんですよ。』

 



↑ PAGE TOP