名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

司馬遷『良賈は深く蔵して虚なるが如し。』

司馬遷


中国哲学者 司馬遷画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


老子は言った。

『君子は盛徳ありて容貌愚なるが如し。』

 

意味は、偉い人物とは、立派な人格を持っているから、一見しただけでは、その人物が大人物であるかはわからない、という意味。

 

つまり、『誇示』しないのだ。見栄、虚勢に支配されていない。人からどう見られようと、関係ないと思っているのだ。従って、大人物の様な立居振舞を、いちいち取る必要がなく、見る目のない者、例えば子供でもそれは当てはまるわけだが、彼らにとってその人物は、単なる『じじい』に映ることがあるわけだ。

 

司馬遷が言っているのも同じことだ。君子は、自分の能力や実力を、いちいち誇示して、ひけらかさない。

 

 

私はこの事実を、中国の映画や、『ドラゴンボール』の亀仙人、スカウターに映らない戦士たち等を通して、かれこれ20年以上考えてきているが、美輪明宏のこの記事で書いた様に、

『不思議と相手はその微笑みによって、威圧感のようなものを感じる。独特のオーラをまとっているので、たいそう手強い存在として映ることがしばしば起こるのです。』

 

そして上に『じじい』と書いた様に、とても奥が深いと考えていて、未だにこのことに対する最適な結論が見いだせていない。

 

しかし、それが私の器の小ささを教えてくれているわけだ。まだまだ私の器は小さいということだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

司馬遷『良賈は深く蔵して虚なるが如し。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『士は己を知る者のために死す。』

 

『先(ま)ず、隗より始めよ。』

 

『寧(むし)ろ鶏口となるとも牛後となるなかれ。』

 

『桃李言わざれども、下自ら蹊を成す。』

 

『知ることが難しいのではない。いかにその知っていることを、身に処するかが難しいのだ。』

 

『相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。』

 

『断じて行えば、鬼神もこれを避く。』

 

『千軍は得易きも、一将は求め難し。』

 



↑ PAGE TOP