名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文 『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『商品開発には、上質さを追求する方向性と、値段の安さなど、手軽さを追求する方向性があります。上質さと手軽さはトレードオフの関係に見えます。

 

トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。

 

上質さか、手軽さかのトレードオフの場合、上質さなら上質一辺倒ではなく、そのなかにどれだけ手軽さをちりばめるか、逆に手軽さなら手軽さ一辺倒ではなく、どれだけ上質さをちりばめるか、そこに価値が生まれます。

 

ポイントは上質さと手軽さという二つの座標軸で考え、手つかずの「空白地帯」を見つけることです。すると、どこにもない商品が生まれます。』

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    鈴木敏文の言葉を自分のものにする



    事実、『トレードオフ』という本があり、その本はとても有意義な本である。そこでは、『上質さ』と『手軽さ』、そのどちらかを二者択一しなければならない、それに特化するべきである旨が記載されていて、説得力がある。

     

    たとえば、激安が売りのショップであれば、それに徹するべきであり、富裕層向けの高級志向のショップであれば、それに徹するべきである。そうしないと価値が廃れて、客足が遠のいてしまうわけだ。

     

    本にはこうある。

     

    ---------▼

     

    上質の頂点と手軽の頂点

     

    これらは勝ち組になる条件である。ヒット商品のほとんどは、上質か手軽かのどちらかで他を圧倒している。アップルは、極上のiPhoneをひっさげて携帯電話市場に殴り込みをかけ、値が張るうえになかなか手に入らないにもかかわらず、たちどころに人々のハートをつかんだ。

     

    ウォルマートは、日用品をどこよりも手軽に安く購入できる場を提供して、小売業界のリーディング企業の座を手にした。

     

    価格の高いiPhoneは簡単には手に入らなかったし、ウォルマートでの買い物はお世辞にも極上の体験とはいえない。しかし、そんなことは問題ではない。どちらかひとつの軸で一番になれば市場に君臨できるのだ。

     

     

    ---------▲

     

    また、続けて本にはこうも書いてある。

     

    ---------▼

     

    上質さで最高峰に位置する商品やサービスは手軽さには乏しいかもしれないが、それはそれでかまわない。手軽さを重視する顧客は上質さを求めないからだ。同様に、手軽さの面で抜きんでた商品やサービスには上質さはさほど求められない。

     

    じつのところ、高い人気を誇る商品やサービスは、たいてい、きわめて手軽だが極上とはいえないか、極上だが手軽とはいえないか、どちらかの傾向がある。

     

    ---------▲

     

    しかし、鈴木敏文の言うように、手軽さに上質さ、上質さに手軽さを散りばめることは効果がある。例えば、上質な時間を堪能したい人間が、クオリティの高い接客を受けるのはいいが、その間に、やけにめんどくさい手続きをしなければならないとする。

     

    店側曰く、

    『これも、上質な時間を提供するためです。』

     

    そこは『手軽に』出来るはずだろう。とにかく、あまり台本思考にならないことが肝心である。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

    知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    鈴木敏文 『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

     

    『変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。』

     

    『流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。』

     

    『スーパーも百貨店も、昔からのやり方に慣れ切っている。社風を変えようと口で言うのは簡単だが、無理しないと変えられない。』

     

    『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』

     

    『顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。』

     

    『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

     

    『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

     

    『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

     

    『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

     

    『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

     



    ↑ PAGE TOP