名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文『変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


つまり、よく『ピンチはチャンス』と言うが、あれの実態の話である。以前、その言葉の意味を理解していない人間が、

『ピンチはチャンスっていうけど、それが本当なのかはわかりません。でも…』

 

などと言って、『後は運任せ』的なニュアンスを込めながら、半ば悦に入りながら、人からどう見られるかを意識しながら、つまり、『他力本願』的な、『射幸』的な感じでスピーチをする人間がいたが、私は(こいつは絶対にチャンスを掴むことはないだろうなあ)と分析し、そして事実、その通りの結果になった。

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    鈴木敏文の言葉を自分のものにする



    彼らに足りなかったのは、決定的に『主体性』だった。ここで問われる主体性とは、何も人を殺してみせることを望むものではない。誰もそんなことに主体性を見出してほしくないわけで、だとしたら、主体性は主体性でも、『有意義な主体性』と、『無意味な主体性』があるわけだ。

     

    彼は、そのスピーチである立場を獲得しようとしていたわけだが、その『立場にいる側』は、その彼を失格させた。

     

    つまり、彼は『ニーズ外』だった。そこに主体性を見いだせず、あったとしても『無意味な主体性』しかなかったからだ。

     

    例えば企業であれば、『競合他社の店に、火炎瓶投げて来ますよ!』と豪語しても、その無意味な主体性を評価することは、絶対にないのである。

     

     

    彼は、『ピンチはチャンスって言うけど、それが本当なのかはわかりません。』などと、言い回しを格好つけながら悦に入っている暇があれば、その場を与えられ、その場に立っている自分について、熟慮するべきだった。

     

    その行動は、彼が『ピンチ(追い込まれていた)』からこそ、取った行動だったはずだ。だから自分でその場所に足を運び、その場に立って、スピーチしている。そこには主体性があった。しかし、心底の部分で、『自分は人から評価されるべきだ』と過信していて、その過信が仇となり、

     

    『僕らが君の道を開拓するんじゃなくて、君がこの舞台を通して、自分の道を開拓していくべきなんじゃないのかい?』

     

    ということで、意見が不一致となったのである。ピンチや変化を『自分のもの』にするか、『のまれるか』は、自分次第である。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

    流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


    >>続きを見る

     

    33.『前進あるのみ。それ以外は後退だ。

    停滞は後退。人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    鈴木敏文『変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

     

    『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

     

    『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

     

    『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

     

    『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

     

    『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

     

    『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

     

    『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

     

    『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

     



    ↑ PAGE TOP