名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ゲーテ『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


正直このテーマはくだらないと思ってしまったことと、自分自身がまさにその通りだった為、それに戻らないように(くだらない)とくぎを刺すように思ったことが原因で、この言葉はスルーしようと一瞬思った。

 

つまり私も『刺激を欲した』のだ。むしろ、それだけを欲していたと言っていいほどの少年時代を過ごした。そして多くの失敗をしたし、学ぶことをスルーしてしまった。だからこそ、こんなテーマには、目すら向けてはいけないと思ったわけだ。

 

だがすぐにこう思い直した。

 

(いや、これは自分だけが抱えているテーマではない。少年少女、青年に、往々にして当てはまるテーマなのだ。だとしたらこの言葉と向き合っておこう。ゲーテとて、当然そういう見地でこう言ったはずだからだ。)

 

まず私が思いついたことは『インセンティブ(誘導)』なわけだが、実は私は10代後半の頃、人を動かすとき、その心理を巧みに利用して、つまりこの『インセンティブ』を使って集団を鼓舞したとき、いや確かにその場は大盛り上がりしたのだが、その後、

『あのようにエサで物を釣る様に人を煽るのは良くない』

 

と言われた経験があるのだ。

 

エサ

 

その後も、確かにこのインセンティブは大きな力を発揮した。だが、やはりその少年の言う通り、インセンティブで動いた集団は、あくまでもインセンティブが目当てだったわけで、こちらの指揮によって動いたわけではない、という感覚以上にはなれなかったのだ。

 

しかしこちらは『ちゃんと指揮(誘導)した』という自覚がある。それが原因でトラブルや不和、行き違いや軽い確執までに発展してしまった。『パブロフの犬』の様に、いくらこの時期の青年たちがインセンティブによって突き動かされるといっても、それに依存させるような教育をするのは、後遺症を伴うことを覚悟しなければならない。

 

つまり、『ベルを鳴らさなければ動かない』、『エサを与えなければ動かない』ようになるのだ。それは自発的ではない。主体性が育たないのだ。人間に最も必要なのは、この『主体性』だ。

 

ナポレオンは言った。

『状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ。』

 

青年たちはいつか必ず大人になる。それはつまり、幾多の責任を負い、幾多の試練と直面することを意味する。そんなとき、力になるのは『かつてインセンティブで動いた経験』ではない。『インセンティブに頼らず自ら動き、解決した主体性』なのである。

 

私はゲーテの言葉で『インセンティブと主体性』というキーワードを思い浮かべた。私も今、もうすぐ30代に突入する部下を6年間見ていて、このテーマはとても身に染みる。

 

確かに、『教えられるのが嫌な彼らの時代に、刺激の経験の中で学んでもらう』 ことは、一つの手であり、知恵である。だが、いくら若者が『教えられることより刺激を求める』としても、『主体性』の真逆である『反応性』豊かな、つまりインセンティブ依存の人間に育てないように注意しなければならない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

26.『簡潔、単純、シンプルが知性だ。

簡潔に出来ないならそこに知性はない。シンプル・イズ・ベストだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

ゲーテ『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ゲーテ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『救済法をあれこれ持ちだして、一体どういうつもりだ。最上の救済法は、この現在の瞬間を精一杯生きる事だ。』

 

『人間の運命よ。お前はなんと風に似ていることか。』

 

『喜んで行ない、そして行ったことを喜べる人は幸福である。』

 

『時を短くするものはなにか―活動。時を絶え難くするものはなにか―怠惰。』

 

『自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。』

 

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

 

『涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。』

 

『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。 君たちとてそれ以上のものだろうか?』

 

『想像と理念、法則と仮説、この区別を理解することのできない人間は惨めである。』

 

『私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。』

 

『財布が軽ければ心は重い。』

 

『すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。』

 

『人々のあるべき姿を見て接し、彼らがなりうる姿になるのを助けてあげなさい。』

 

『人は喧嘩する時、双方とも悪いと感じている。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP