名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >  >

 

ジェイ・エイブラハム『人の脳は、喜びを求める100倍も苦痛を避ける傾向がある。ということは苦痛の方がウリになるといえる。』

ジェイ·エイブラハム


アメリカ経営者 ジェイ・エイブラハム

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人が何かを変えたいと思う理由はなんだろうか。そのもとになっているのは、苦痛、不安、それとも喜びだろうか。

 

人の脳は、喜びを求める100倍も苦痛を避ける傾向がある。ということは苦痛の方がウリになるといえる。セキュリティや法律業務、保険などの提供者は不安が顧客の動機づけになっていることに気付くべきだ。』

 

 

転職、求人
キャッシング、カードローン、
消費者金融 クレジットカード
レーシック
エステ、脱毛
保険相談 自動車保険、
車査定
出会い系、結婚相談
FX、株
レンタルサーバー
プロバイダー モバイルルーター(WiMAX)
ウォーターサーバー
教育・英語教材 情報商材

 

ここにざっと載せたのは、報酬額が高いアフィリエイト広告の種類である。ここにある大体のものが、『金、保険、出会い、コンプレックス』といったものであり、ジェイ・エイブラハムが言う意見と一致している。

 

値段が高いということは、それだけ強気の値段に出ても客足が遠のかないという証拠だ。この事実をどう受け止めるかだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ジェイ・エイブラハム『人の脳は、喜びを求める100倍も苦痛を避ける傾向がある。ということは苦痛の方がウリになるといえる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『若いころ、特に夢中で仕事をしているときは、自分が何を学ぶ機会に直面しているかに気がつかないものですね。』

 

『みなさんは、「ずっとこのやり方でやってきたから」とか「この業界ではこれが慣例だから」といった具合に、従来のやり方に固執していませんか。』

 

『中小企業は、自分たちのような小さな会社ではそんな策は意味をなさないとか、勝手に壁をつくってしまう。チャンスを得るための努力を怠りがちです。』

 

『トンネルビジョンではなく、ファネルビジョンを持て。』

 

『最適化できる会社が成功します。』

 

『「卓越性」とは、市場から長期にわたって最も信頼できるアドバイザーだと認識してもらうということなのです。』

 

『ほとんどの企業は、つい間違ったものに恋をしてしまうのです。』

 

『値上げする方法はあります。値上げをしないことで企業が苦しくなり、お客様に提供する商品の質が下がってしまっては元も子もありません。』

 

『ある作業に関してあなたに平均以下の能力しかない場合、あなたはその仕事の適任者ではない。』

 

『たいていの人は成功は一歩ずつしかやってこないと思い込んでいる。しかし、これは不幸な誤解である。』
『レストランを開業するのに一番重要なことは、立地でも、シェフでも、機材でも、レシピでもない。「飢えたお客」がいることだ。』


↑ PAGE TOP