名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三木清『幸福を武器として闘うもののみが斃れてもなお幸福である。』

三木清


日本哲学者 三木清画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『幸福を武器として闘うもののみが斃(たお)れてもなお幸福である。』

 

倒れても幸福、ということを考えたとき、そこにあるのは『愛』である。愛とは、『与えるもの』だ。『赦し』だ。

 

これは、ガンジーの話だ。

 

 

3発のピストルの弾丸を撃ち込まれたとき、ガンジーは自らの額に手を当てたこれはイスラム教で「あなたを許す」という意味の動作だった。

 

この文字は引用元からそのまま引き抜いたものだが、この『許す』という言葉が正しいものかどうかは首をかしげる。私が先に使ったのは『赦す』だ。

 

『赦す』というのは、愛するということ。

 

『許す』というのは、許可をするということ。

 

どんな不祥事を犯した人間も、愛によって赦されるべきである。だが、許すわけにはいかないのだ。それを許したなら、社会秩序があっという間に崩壊するからである。

 

だから私は、ガンジーが言ったその言葉は、『赦し』であったと判断する。愛を重んじ、相手を赦し、真理への忠誠心を持つことによって、自分がもし凶弾に撃たれても、穏やかな心でこの世を去れるはずだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

三木清『幸福を武器として闘うもののみが斃れてもなお幸福である。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

三木清関連の書籍

 

同じ人物の名言


『我々は愛する者に対して、自分が幸福であること以上の善いことを為しえるであろうか。』

 

『人は軽蔑されたと感じたときによく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。』

 

『幸福論を抹殺した倫理は、一見いかに論理的であるにしても、その内実において虚無主義にほかならぬ。』

 

『感傷には常に何らかの虚栄がある。』

 

『希望に生きる者はつねに若い。』

 

『個性的な人間ほど嫉妬的ではない。』

 

『一つの所に停まり、一つの物の中に深く入ってゆくことなしに、如何にして真に物を知ることができるであろうか。』

 

『健全な胃を持っている者が胃の存在を感じないように、幸福である者は幸福について考えない。』

 

『言葉は空虚なもので、事実はつねに言葉よりも雄弁である。』

 

『秩序はつねに経済的なものである。最小の費用で最大の効果を上げるという、経済の原則は秩序の原則でもある。』

 

『人は敗北主義から独断家になる。』

 



↑ PAGE TOP