名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

プレヴェール『我々の人生は我々の後にも前にも、側にもなく、我々の中にある。』

プレヴェール


フランス詩人 プレヴェール画像


2014年7月24日。現在、スタジオジブリの宮崎駿の後継者として呼び声高い、米林宏昌監督の作品、『思い出のマーニー』が放映されている。

 

この作品を観て『内観』というキーワードを連想した人間は、極めて少ないだろう。ジブリファンに、まずそういう堅苦しい人は少ない。もちろんいるが、人数は多くない。

 

つまり、子供だ。スタジオジブリの理念の根幹にあるのは、子供に夢を与えること。宮崎駿自身が、引退会見で言っていたことだ。

『この世は生きていくに値するんだ、ということを伝えることが、根幹に無ければならない』

 

私自身も、『となりのトトロ』から始まり、全ての作品を観た。子供の頃の永遠の思い出、忘れることは絶対にない。

 

さて、『内観』の話に戻ろう。実は、仏教の開祖釈迦が、『ブッダ(悟りを拓いた者)』になるためにやった修行が、この『内観』である。ブッダがやったその正式名称は『ヴィパッサナー瞑想』というが、これは、内観と同じ意味である。

 

難しく考える必要は1ミリもない。別に、宗教的な話でも何でもない。『内を観る』。これが、内観の正体である。そう考えると、作品を観た人はイメージがつながったはずだ。

 

(うん。確かにアンナは、内観をしたということになる。)

 

一体、主人公のアンナは、どんな悩みを抱えていて、作品内でどんな展開を見せるのか。続きは作品を観て、自分で確かめるのがいい。

 

答えがあるのは外部ではない。内部(自分の心の中)なのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

プレヴェール『我々の人生は我々の後にも前にも、側にもなく、我々の中にある。』




↑ PAGE TOP