名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ピタゴラス『己の寝台を己のための寺院とせねばならず』

ピタゴラス


古代ギリシャ数学者 ピタゴラス画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


この言葉の意味の解釈は難しい。まず、『己の』とか『寺院』という言葉が出てきているが、この言葉が出ているということは、間違いなく『日本人』が関わっていて、そして、時代としては、古い。

 

その時代で当たり前のように、横にも字を書くときは右から順番に書いていたように、当時の人はそれで意味がわかっても、現代の人がわからないのであれば、『翻訳に失敗した』のと同じであり、会話が成り立たない。ピタゴラスの時代に、『寺院』などは存在したのだろうか。『神殿』ではないのだろうか。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

ピタゴラスは、

 

ブッダよりも、

ブッダ

120年先輩なのである。

 

だとすると、こういう言葉が見えて来ることになる。

 

『自分の寝る場所は、自分にとって神聖な場所でなければならない。』

 

これだったら、ピタゴラスの時代でも、国でも、文化でも、通用する言葉だ。しかし、どういう意味なのだろうか。『寝る場所が神聖な場所』というのは。

 

考えられるとしたら、

 

『英気を養って、次の日に人間としての責任を完全に果たすべし』

 

という、人間の生活のメリハリについて、諭した言葉であるという方向だ。

 

クリスチャンが食事の前に神に祈り、神道が生活の軸にあることが当たり前だった頃の日本人が、『(神様の命を)いただきます。』と言って、手を合わせてその言葉を言うようになったように、人間は、時として人間以外の存在に頭を下げ、傲慢不遜に成り下がることを防ぐ慣習がある。

 

それに、睡眠もそうだし、ストレスもそうだし、排泄もそうだが、人間が、人間としての責任を果たすためには、生活の中にメリハリを作ることが重要。ずっと起きっ放しでいることは出来ないし、ストレスが溜まっていたら自制心が弱まる。排泄をしなければ身体に毒だし、生きているのが当たり前だと思っていたら大きな過ちを犯す。

 

人間にはメリハリが大事。ピタゴラスの言葉は、そういう意味であってるだろうか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ピタゴラス『己の寝台を己のための寺院とせねばならず』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ピタゴラス関連の書籍

 

同じ人物の名言


『子供たちを教育することで、人間を罰する必要はなくなっていくであろう。』

 

『人は、必要に迫られないと実力が活かされない。』

 

『沈黙することを学びなさい。静まった心に耳をすませ、吸収させなさい。』

 

『万事に先立って汝自身を尊敬せよ。』

 

『利欲は飽きることを知らず。』

 

人間の心は三つの部門、すなわち知力・理性・情熱に分けられる。知力と情熱は他の動物にも具備するも、理性は人間のみ具わる。』

 

『怒りは無謀をもって始まり、後悔をもって終わる。』

 

『この人生劇場において、観客たるべき神と天使のためにのみ勢力を蓄えておくべきなり。』

 

『多くの言葉で少しを語らず、少しの言葉で多くを語れ。』

 

『自らを制し得ないものは自由たり得ず。』

 



↑ PAGE TOP