名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

正岡子規『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。』

正岡子規


日本俳人 正岡子規画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。何事によらず、革命または改良ということは、必ず新たに世の中に出てきた青年の力であって、従来世の中に立っておったところの老人が、説をひるがえしたために革命または改良が行われたという事は、ほとんどその例がない』

 

問題はその理由だ。なぜ、老人ではなく、若者が常に革命を起こすのか。

 

エマーソンは言った。

『我々は、春と夏には改革者だが、秋と冬には保守の側に立つ。朝は改革者であり、夜になると保守主義になる。』

 

 

帝政ローマの哲学者、タキトゥスも、

『人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。』

 

と言ったが、上に行けば行くほど『油断』してしまうのか、それとも、『達観』するのか。

 

自分の生活の安定を求めて、油断するのか。あるいは、『この世に安定などはない』と思って、達観するのか。『これから人生を作っていく』人間と、『これから人生を終えていく』人間とでは、確かに温度差がある。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

正岡子規『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『黙ってこらえているのが一番苦しい。盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと少し苦痛が減ずる。』

 

『人の希望は、初め漠然として大きく、後、ようやく小さく確実になるならびなり。』

 

『禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。』

 

『病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。』

 

『たとえ、漢語で詩をつくるとも、西洋語で詩をつくるとも、はたまたサンスクリット語でつくるとも、日本人が作った以上は、日本の文学であることに間違いない。』

 

『良句もできるが、駄句もできる。しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、とてものこと、一流の作者にはなれない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP