名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ショパン『常識というが、これは非常に小さな要素に違いない。というのは常識がぼくの頭からすべてのほかの考えを引き出すほど強力なものではないのだから。』

ショパン


ワルシャワ公国作曲家 ショパン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『常識』というものに従っていたら、自身の持つ潜在能力をいかんなく発揮できない。そういう印象を抱いたショパンだが、それは間違いなく正しい見解だ。

 

マラソンのQちゃんこと、高橋尚子選手をコーチした、小出監督はこう言った。

『確かに、僕の指導法は非常識かもしれない。十人いたら、その十人全員の指導法が違う。でもね、常識を守った延長線上に、勝利がない事も確かだがね。』

 

常識というものは、まるで、『殻の中』の世界だ。

 

 

殻を破ってぐるりと見渡すと、更に新たな見解が持てて、

 

 

殻を飛び出したとき、いよいよそこから『新世界』が始まる。

 

 

このイメージである。

 

確かに、殻の中は安全そうに思える。殻という頑丈そうな身を守るものもある。しかし、その殻の耐久性は、本当に頑強なのだろうか。何があっても動じない、屈強なものなのだろうか。それとも『気休め』なのだろうか。

 

岡本太郎は言った。

『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

 

その『殻』が、まるで初期設定の様に実に多くの人が所有しているものなのであれば、『群を抜く』為には、当然その殻からの脱却が求められるはずである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ショパン『常識というが、これは非常に小さな要素に違いない。というのは常識がぼくの頭からすべてのほかの考えを引き出すほど強力なものではないのだから。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『彼は何千人もの人に聴かせるように弾くが、私はただ一人の人に聴かせるために弾く。』

 

『手首は、ピアニストにとっての弓である。』

 

『自分の耳が許す音だけが音楽である。』

 

『成功に必要なのは完全無欠です。だから極端にまで研究し尽くされ、また評価されるのです。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP