名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ジャン・パウル『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である。』

ジャン・パウル


ドイツ作家 ジャン・パウル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


表層的に謙虚に振る舞えば、人からその表層を評価されることは当然で、その評価は往々にして、称賛である。しかしそういう人は、『印象管理』をしている可能性がある。だから『表層的に振る舞う』なのである。

 

つまり、『称賛されることを計算してそういう立居振舞をしている』のだ。だとしたら、それで称賛されることは、彼の思い通りの展開ということになる。

 

それならば、彼が称賛されていることは、謙虚さを測る要素としては弱い。本当に謙虚な人なら、『瞬発力』があるはずだ。いわれのない誤解、揶揄、批判を受けた時、彼はその展開にどう対処するか。その対応が、謙虚さを決める大きな要素となる。

 

アメリカの詩人、ウィルコックスはこう言い、

『人生が歌のように流れている時に楽しい気分になるのは容易だ。だが、立派な男とは何もかもうまくいかない時でも笑える男だ。』

 

マキャベリは言った。

『衆に優れた人物は、運に恵まれようと見放されようと、常に態度を変えないものである。』

 

自分がいかに無知で無力であるかということを悟っているならば、印象管理が上手くいかなかった時も、柔軟性と瞬発力を発揮するはずだ。間違ってもそこで、激昂して言い返し、力づくで事実を捏造、隠蔽するような方向にはいかない。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ジャン・パウル『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

 

『大文字ばかりで印刷された書物は読みにくい。日曜日ばかりの人生もそれと同じだ。』

 

『貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。』

 

『文は人なり』

 

『老人の上機嫌ほど美しいものはない』

 

『父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる』

 

『われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である』

 

『地上の生活においては、一年々々はまさに短いものである。年齢などはもっと短いし、人の一生ときたら、この上なく短い。しかし、その日その日は長いものである。刻一刻はもっと長いものだし、瞬間というものは往々にして、永遠に等しい』

 

『常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。』

 



↑ PAGE TOP