名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武者小路実篤『一から一をひけば零である。人生から愛をひけば何が残る。土地から水分をとれば沙漠になるようなものだ。』

武者小路実篤


日本作家 武者小路実篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人間は、この虚無たる混沌の闇の中で人為的な範囲を創り上げ、そこに人間が認識して、安心しやすい世界を広げた。

 

ニーチェは言った。

『論理は完全な虚構の見本である。現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。我々は実際の出来事を思考においていわば簡略化装置で濾過するように、この虚構を図式化することによって記号化論理的プロセスとして伝達および認識可能なものとする。』

 

 

元々この世には何もないのだ。たまたま惑星が衝突して地球が生まれ、それが太陽との絶妙な距離にあったことで生命が育み、大恐竜時代を経た後、なぜか知らないがこの大人間時代が始まった。

 

 

『愛』があったのは、いつからだろうか。人間の時代が始まってから、人間がそれを認識してからのことだろうか。だとしたら愛の歴史など大したことは無い。

 

しかし、愛がもともとあって、それを高度な頭脳を持つ人間が『見つけた』ということであれば、愛というものが持つ規模の実力は、甚大である。

 

フランスの作家、サン・テグジュペリは言った。

『人間は真理を発見するのではない。人間は真理を創造するのだ。』

 

しかしサン・テグジュペリの言葉を見てみると、『愛、神、真理』というものは、最初からそこにはなく、人間がそれを勝手に創造しただけ、という印象を抱く。

 

それならば、やはり『愛』の力は大したことが無いのか。人間が勝手に創造し、あるいは捏造している綺麗ごとなのだろうか。

 

では、一体なぜなのだろうか。

 

『愛(真理、神)』に触れた時、こんなにも我々の心が充足するのは。

 

真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

武者小路実篤『一から一をひけば零である。人生から愛をひけば何が残る。土地から水分をとれば沙漠になるようなものだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。』

 

『人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。』

 

『人間は神が創ったということは僕は信じられない。神が創ったものとしては人間は無情すぎ、不完全すぎる。しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思えるのだ。』

 

『金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする。』

 

『自分は、人生はむつかしく解釈するから、分からなくなるのだと思う。』

 

『自分の力に合うことだけしろ、その他の事はおのずと道が開けてくるまで待て。』

 

『友情の価値は、両方が独立性を傷つけずに付き合えるという点にあるのだ。』

 

『ものになるかならないかは、実に一寸したところで決まるのだ。昨日までものにならなかった人が、今日はちゃんとものになっていた、そういう事実を自分は何度か見た。』

 

『自分を信じて行かなければいけない。教わるものは遠慮なく教わるがいいが、自分の頭と眼だけは自分のものにしておかなければいけない。』

 

『他人がどうあろうと自分さえ、ちゃんとしていればいい。するだけのことをすればいい。』

 



↑ PAGE TOP