名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『個人の富はすなわち国家の富である。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


社会のお金の動きやその仕組みを知ってしまえば、渋沢栄一のこの話は一発で理解できることである。しかし、理解していない人間は意味がわからない。だからまずは、優先順位として、仕組みを理解することを第一に持ってこなければならない。

 

 

実は私も大して興味がある分野とは言えないので大した追求はしていない為、正確なことはわからないが、しかしそれでも次の説明で、ほぼ合っているだろう。

 

例えば、『税金』という形で国にお金を治めれば、そのお金が、例えば、『インフラ(道路、水道、電気、ガス等の生活の基盤となるもの)』に使われる。

 

学校も病院も介護施設も生活保護も警察も消防署も何もかもそうで、そういった『生活の基盤』が堅固なものであればあるほど、当然、国の治安は良くなるし、経済発展の土壌としても文句なしになるわけだ。

 

焼け野原で、電気もネットも繋がらず、車も人手もない土壌では、経済を発展させることは容易ではない。

 

途上国などは、まだこの『インフラ』が整っていない国はたくさんある。日本人からすれば想像できない世界が、あちらでは当たり前なのだ。

 

だとすると、国のお金が潤沢であるということは、国の治安や国民の生活保全に繋がっていることは想像にた易い。

 

ということは、個人が富を得れば、その得たお金は、何らかの形で『税金(消費税も含む)』によって徴収され、それが国の資産として蓄財される。

 

 

ここまで考えれば、渋沢栄一の言葉は、すんなり理解できるはずである。それに、例え税金という形で国が徴収しなくても、『国民の預貯金』という形で国民がお金を持っていれば、国の経済状況が世界的に見て傾いたときに、それを国民が補てん(カバー)することが出来るわけで、そう考えると、『国家=国民』なのだから、そのどちらかが潤沢な富を持っていれば、それすなわち、双方の利益になるという図式が見えて来るはずだ。

 

個人の富は国家の富。そして、国家の富は、個人の富みなのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

渋沢栄一『個人の富はすなわち国家の富である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

 

『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

 

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

 

『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

 

『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

 

『たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。』

 

『人生の行路は様々で、時に善人が悪人に負けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。』

 

『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

 

『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

 

『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

 



↑ PAGE TOP