名言を自分のものにする

 >  >  >

 

柳生宗矩『かたんと一筋におもふも病なり。』

柳生宗矩


日本武将 柳生宗矩


『勝とう、勝とうと思いすぎるのも、どうかと思うがな。』

 

柳生宗矩の言葉を、こんな風に訳してみたい。

 

ショーペン・ハウエルは言った。

『富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる。』

 

出所は忘れてしまったが、恐らく『論語』に関する文献にて、かつて私は

『戦わずして勝つ。というのが、叡智ある孫子の兵法としてまかり通っているが、実際は違う。戦わずして負けないことが重要なのだ。』

 

という記述をこの目で見た極めて蓋然性の高い話だ。

 

例えば『合気道』はどうだ。あれは勝つ為の武道ではない。『負けない為』の武道なのである。

 

 

ドイツの哲学者、ヘリゲルは言った。

『あなたは無心になろうと努めている。つまりあなたは故意に無心なのである。それではこれ以上進むはずがない。』

 

執着を捨て、無我の境地を知る。それすなわち、己に克つことを意味する闘うべき相手は本来、己しかいないのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

柳生宗矩『かたんと一筋におもふも病なり。』


 



↑ PAGE TOP