名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ガリレオ『真理はすべてひとたび発見されれば容易く理解される。問題はそれを発見するという事にある。』

ガリレオ


イタリア天文学者 ガリレオ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


今ある固定観念、既成概念。あるいは、『1+1=2』ということ、この果物が、

 

 

『リンゴ』だということ。これは、最初から決まっていたわけだ。

 

現代を生きる人にとって。

 

例えば、ガリレオコペルニクスが『地動説』を説くまでは、キリスト教で信じられていた『天動説』が主流だった。

 


画像

 

しかし真実は、『地動説』に近かったわけで、

 


画像

 

更には、地球も太陽も、宇宙の真ん中ではなかったのだ。しかし、この時代の人間は、『天動説を信じていた(間違った事実を、真実だと勘違いしていた)』のである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ガリレオの言葉を自分のものにする



    『今では当たり前』だが、当時は当たり前ではなく、むしろ強く批判されていた。人間の『四聖』に数えられる、

    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリスト

    キリスト


    彼らは皆誤解されていたり、抑圧を受けていた。

     

    孔子は、今でこそ中国を代表する大学者や聖人とされているが、同時代人の多くからは、出来もしないことをしようとしている、身の程知らずや物好き扱いされていた(憲門第十四-四十)。

     

    ブッダも、カースト制度を否定したことで、バラモン教司祭から白い目を向けられていた。ソクラテスやキリストなど、無実の罪で処刑されているのだ。

     

     


    エマーソンは言った。
    『偉大であるということは誤解されるということだ。』

    Pythagoras was misunderstood, and Socrates and Jesus, and Luther, and Copernicus, and Galileo, and Newton, and every pure and wise spirit that ever took flesh. To be great is to be misunderstood....

    (誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。 ソクラテスイエスルターコペルニクスガリレオ、 そして、ニュートンも誤解された。古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。 偉大であるということは誤解されるということだ。)

     

    ニーチェは言った。

    『偉大さとは、方向を与えることだ。』

     

    今、向いている方向で正しい方向は、偉人によって与えられた方向である。今、向いている方向で誤った方向は、その偉人が『偉人ではなかった』故に誤っている方向である。

     

    例えば人がいて、その人が崇拝している偉人がいて、その偉人が、殺人を肯定していた場合、その人は、その偉人を倣って、殺人をする。

     

    だが、それは断じて正しい方向ではない。

     

    真理を発見することは本当は簡単なのだが、 『人間本位』の思想が、これを難解にさせる。従って、その『エゴ』という曇った目で見渡す以上、真理を見つけることは永久に出来ない。

     

    例えば、今回のエボラ出血熱の騒動で、治療をしにきた医師団に対し、一部の現地の人々が言った言葉が、

    『お前らの陰謀だ!』

     

    だったわけだ。

     

    エボラウイルスを撒き散らして絶滅させようとか、その類の陰謀か何かだと考える者が現れたのだ。しかし実際は、外国からの治療がなければ、甚大な被害を及ぼしていたのである。

     

     

    『真理の発見』をするのは、恐らく『人間』だけだが、それを難解にしているのも、『人間』なのである。人間に生まれた以上、自分のやるべきことは何か、それについて考える人間は、とても人間らしい。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

    その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    ガリレオ『真理はすべてひとたび発見されれば容易く理解される。問題はそれを発見するという事にある。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『懐疑は発明の父である。』

     

    『書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。』

     

    『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。』

     

    『哲学は、我々の目の前に広げられているこの巨大な書物、つまり宇宙に書かれている。』

     

    『聖書は我々にいかに天へ行くかを教える。いかに諸天体が動くかを教えるのではない。』

     

    『感覚が役に立たないとき、理性が役に立ち始めるのだ。』

     

    『学者は、それゆえという言葉をしきりに使うが、なにゆえ、それゆえなのか俗人には分からない。なにか、偉そうな言葉で誤魔化されているようだ。』

     

    『数学は、科学へとつながる鍵とドアである。』

     

    『私は、何も学ぶべきものがないほど愚かな人に会ったことはない。』

     

    『責任を取れない人間は、科学者であってはならない。あなたに未来を作る資格は無い。』

     

    『宇宙は数学という言語で書かれている。そしてその文字は三角形であり、円であり、その他の幾何学図形である。これがなかったら、 宇宙の言葉は人間にはひとことも理解できない。これがなかったら、人は暗い迷路をたださまようばかりである。』

     

    『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に事物が存在し、言葉はその後に従うものだからである。』

     



    ↑ PAGE TOP