名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >  >

 

北野武『人間のやることは不思議で、不条理なのだ。俺だって、アフリカで何万人もの人が飢え死にしているっていうのに、映画なんか撮っている。』

北野武


日本芸人 北野武画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『だったらアフリカに寄付しろよ』

 

と言いたくなるが、この北野武という男は、話を聞けば聞くほど、哲学的である。

 

震災の時に寄付した額にも、違和感があった。極めて第一線にいる北野武ほどの人物が、所ジョージと合わせても、海外のタレントよりもその寄付額が少なかったのだ。もちろん、一般の人からすれば桁違いの額だが、それでも、相対的に見て(少ないな)と思ってしまいがちな額だった。

 

しかし、私は『1万円給食プロジェクト』という、彼とゾマホンの人間関係で行われている、ベナンへのボランティア活動の存在を知っている。私はそのボランティアをやったことがあるが、その際、所ジョージが作ったカードが送られてきた。それは所ジョージが、その活動に携わっていることを意味していた。

 

お昼ご飯
画像

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    北野武の言葉を自分のものにする



    彼が、単発で放映されたその活動の特番で言っていた言い回しにも、少し違和感があった。『良い方の違和感』だ。悪い方向ではない。何かこう、『深み』のような、そういうものを感じた。

     

    例えばその一つに、

     

    『広告を打って大々的にこの活動を広げようとすると、余計なところにお金が入って、そうなると、何の為の活動何だかわからなくなる。』

     

    というものがあって、それがなかなか心を打たれるメッセージだったのだ。つまり『誠意』が伝わった。『本気度』が伝わった。

     

    人に知られる、知られない、どう認知される、されないなどということは二の次、三の次で、最も重要なのは、パフォーマンスでも体裁でも外聞でもない。ベナンの子供達が、昼食を食べれることだ。

     

     

    この気持ちが伝わったから、私にもそれが連鎖したのである。

     

    この後に、震災の寄付の件があった。そこにも私は、間違いなく彼らなりの哲学があるのだと考えたのだ。

     

    例えばだ。

     

    もしかしたら北野武は映画を撮って、その売り上げをアフリカなり何なりといった、相応しい場所に提供しているのかもしれない。それを、下町気質の『粋』な計らいで、ただ、言わないだけなのかもしれない。

     

    以前、PRESIDENTのインタビューで、リブセンス社長の村上太一氏がこう言っていた。

     

    ───▼

     

    ビジネスって、社会を最適化する1番のものじゃないかと思います。濁った水をきれいな水に変える浄化剤を提供する日本ポリグルという会社があります。その会社の会長がソマリアに寄付で浄水装置をつくったのですが、1年後にいくと、蛇口が壊れていたりしてうまくいかなかったそうです。

     

    そこで寄付じゃなくビジネスにしたところ、警備する人や売り歩く人が現れて、普及していったとか。ボランティアを否定するつもりはありませんが、ビジネスにはそうやって社会にインパクトを与えて最適化していく力がある。私はそこに面白みを感じます。

     

    ───▲

     

    寄付一つの行動にさえ首をかしげ、自分の意志と哲学を持って自分なりにそれに向き合う。こういう奥の深さが彼に潜んでいることは、彼の映画一つ観るだけで、想像にた易いはずである。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

    黄金律

    BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

    『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

     

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    北野武『人間のやることは不思議で、不条理なのだ。俺だって、アフリカで何万人もの人が飢え死にしているっていうのに、映画なんか撮っている。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。』

     

    『自分が生きているという快感がないまま、生きたって記憶も何もないまま、この世から消えることが怖かったのだ。』

     

    『どうせ死ぬんだから、ということ。人間は生まれて、ご飯食べて、う●こして、子ども作って、死ぬ。どれだけ考えたり、動けるか。社会的に迷惑をかけずに、スレスレで生きることを、無限に考えた方がいい。』

     

    『理系の学部に入ったことは、間違いではなかった。ただ、そこを卒業して、その先に敷かれているレールに乗って走っていく未来に、魅力を感じられなかった。』

     

    『何億度という熱で燃えている。しかも、燃え尽きるまで、そうやって輝いていなくちゃいけない。これは真面目に、結構辛いことなのだ。』

     

    『とはいえ、もう一回、人生をやり直せたとしても、苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。』

     

    『完ぺきな映画なんてありえない。いつもこれが最高傑作だと思って映画をつくっているけれど、完成して試写を見た瞬間から、もう次の作品のことを考え始めている。』

     

    『安定した成功なんて、この歳になったら当たり前のことなのだ。「今度の映画も面白かったね」なんていわれても、そう無邪気には喜べない。』

     

    『人間の知恵や創造力は、壁や障害があってこそ豊かに発揮される。』

     

    『あの事故を境にして、生きていることに、あまり興味がなくなった。』

     



    ↑ PAGE TOP