名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

織田信長『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』

織田信長


日本武将 織田信長画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。 心構えがまるで違う。これが大事だ。』

 

これが織田信長の言葉である。では次に、これらの言葉を見て見よう。

 

世界の王貞治をコーチした荒川氏は言う。

『みんな王の半分も努力できないでしょ。それくらい王は努力したと思います。』

 

そして、その当時の監督でもあった、バッティングの神様といわれた川上哲司監督は言う。

『俺は王ほど努力できないな。』

 

その王が言ったのはこうだ。

『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』

 

努力

 

また、サッカー界の貴公子、ベッカムはこうだ。

『ぼくの秘密は、練習だ。もしなにか人生で特別なことを実現したければ、ひたすらがんばって、がんばって、そして、もっとがんばることだというのが、ぼくの昔からの信念だ。』

 

次は天才芸術家、ミケランジェロのこの言葉。

『これほど熟達するまでに、どれほど熱心に取り組まねばならなかったか、人々が知ったなら、さほどすばらしいとは思ってくれまい。』

 

どうだろう。信長の言う様に『才能ある者はそれに自惚れ、怠惰する』ということであれば、前述したような偉人、天才たちは、なぜこれほどまでに努力したのだろうか。彼らは天才じゃなかったのだろうか。

 

いや違う。彼らは天才だ。

 

そして『天才』とは、『生まれながらに才能のある者』よりも、遥かに上の境地にいる存在である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

織田信長『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『攻撃目標一点に行動を集約せよ。むだな事はするな。』

 

『人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。』

 

『その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。』

 

『理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。』

 

『必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。』

 

『器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。』

 

『いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である。』

 

『組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ。』

 

『絶対は絶対にない。』

 

『戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。』

 



↑ PAGE TOP