名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スティーブ・ジョブズ『仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。』

スティーブ・ジョブズ


アメリカ実業家 スティーブ・ジョブズ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『初心忘るべからず』というのは、日本人は聞きなれていて、逆に当たり前すぎて聞き流している。

 

ジョブズは、自らの意志で異国の文化に触れ、新境地を見出すかのごとくそのエッセンスを見出した。当たり前として聞き流している我々とでは、同じ概念を目の前にして、こうも心の揺れ動きが違う。

 

だとしたら同じように、我々も異国の文化で『素晴らしい』と思える概念を探しに行けばいい。そして別にそれは『異国の文化』だけでなくてもいいのだ。

 

そういう新鮮な気持ちと主体性があれば、『温故知新』の名の如く、灯台の下に本来あった、光り輝くこの世の英知に気が付くだろう。

 

『初心忘るべからず』。

 

それは、傲慢不遜に陥る権力者や、人生を生きる意味を見失ったある種の『廃人』の胸に、ひどく突き刺さる言葉である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

スティーブ・ジョブズ『仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『残りの人生、このまま砂糖水を売ることに費やしたいのか、それとも世界を変えるチャンスをものにしたいか?』

 

『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?』

 

『大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。』

 

『これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。』

 

『抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。』

 

『死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。』

 

『いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。』

 

『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

 

『あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。』

 

『すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。』

 

『偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。』

 

『絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。』

 

『ハングリーであれ、愚かであれ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP