名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マキャベリ『早期の処置なら治療はやさしい。』

マキャベリ


イタリア政治思想家 マキャベリ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ノーベル物理学者、湯川秀樹は言う。

『取り返しのつかない大きな失敗をしたくないなら、早い段階での失敗を恐れてはならない。』

 

シェイクスピアは言う。

『小さな火は早く消すことができるが、これを放ったらかしにしておくと、川でさえも消すことはできなくなる。』

 

ローマの哲学者、キケロは言う。

『始まりは、どんなものでも小さい。』

 

割れ窓理論』とは、 窓が少しでも割れているのを見た時、(大したことない)とそれを放っておいてしまったせいで、その割れ窓から、ゴミのポイ捨て、壁の落書き、そしてついには街の荒廃に繋がってしまうという人間の事象を示唆した理論である。

 

窓が少しでも割れていたなら、すぐにでもその窓を取り換えなければ、取り返しのつかない事態にまで発展することがあるのだ。

 

窓

 

下記の様なイメージを見た時、

 

 

たしかに左にある最初のコインの量は小さいが、それを放っておいて時間が経つと、 『塵も積もれば山となる』ということなのである。ここに出ている賢人たちの意見を素直に聞くことが、知性だ。

 

そうじゃなければスウィフトが言う通りになってしまうだろう。

『ひとつの嘘をつく者は、自分がどんな重荷を背負い込んだのか滅多に気が付かない。つまり、ひとつの嘘をつき通すために別の嘘を20個考えなければならないということを。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

34.『後始末では遅い。前始末をせよ。

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

マキャベリ『早期の処置なら治療はやさしい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人を率いていくほどの者ならば、常に考慮しておくべきことのひとつは、人の恨みは悪行からだけでなく善行からも生まれるということである。』

 

『思慮に富む武将は、配下の将兵を、やむをえず戦わざるを得ない状態に追い込む。』

 

『民衆は、群れを成せば大胆な行為に出るが、個人となれば臆病である。』

 

『民衆というものは、善政に浴している限り、特に自由などを、望みもしなければ、求めもしないものである。』

 

『不正義はあっても秩序ある国家と、正義はあっても無秩序な国家のどちらかを選べといわれたら、私は前者を選ぶであろう。』

 

『謙譲の美徳を持ってすれば、相手の尊大さに勝てると信ずるものは、誤りを犯すはめに陥る。』

 

『好機というものは、すぐさま捕まえないと、逃げ去ってしまうものである。』

 

『衆に優れた人物は、運に恵まれようと見放されようと、常に態度を変えないものである。』

 

『相手を、どんなことにしろ、絶望に追い込むようなことは、思慮ある人のやることではない。』

 

『長期にわたって支配下に置かれ、その下で生きるのに慣れてしまった人民は、何かの偶然で転がり込んできた自由を手にしても、それを活用することができない。』

 

『中ぐらいの勝利で満足するものは、常に勝者であり続けるだろう。』

 



↑ PAGE TOP