名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『自分を他の人の立場に置けば、我々がしばしば他の人に対して感ずる嫉妬や憎悪はなくなるだろう。また他の人を自分の立場に置いたら、高慢や独りよがりは大いに減ずるだろう。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


何しろ、『隣の芝』だから青く見えるだけだ。隣に移れば、またその『隣の芝』は青く見える。単なる錯覚なのである。認知ミス、あるいは認識不足だ。

 

 

(なぜあの人の方が)とか、(なぜ理解してくれないんだろう)ではない。方向を、そういう風に外に持っていくことは間違いだ。逆である。インサイド・アウト(内から外へ)であるべきなのである。

 

もし相手の立場にあったら、それは当然生まれて来た環境、家族構成、肉体、体質全てが『立場』だが、自分も、その相手と同じ行動を取っているに過ぎない。それに対して、『自分とのズレ』を感じるからと言って強要するのは、いささか、ただの独りよがりである。

 

『メタ認知』とは、簡単に言うと客観視である。自分が見えている景色がこの世のすべてではない、という認識を持てるかどうかが求められている。メタ認知に優れている人は、今見えている自分の景色だけがこの世のすべてではないという『視点』を持つことができる。

 

それに比べ、メタ認知能力が足りない人は、自分が見えている景色がこの世のすべてだと錯覚し、誤謬することが多く、無意識のうちに愚かな行動を取ったり、人の気持ちを踏みにじったりしてしまうことが多い。

 

無意識

 

例えば、自分の手足が冷たく冷えてしまったとき、他の人が『手足が冷たい』と言ったとき、『俺もだよ!』と言ってしまう。そして、その人が末端冷え性であり、自分よりもはるかに冷たく冷え切ってしまっているという事実を、闇に葬ってしまうのである。

 

こういう人に、人の上に立つ資格はない。何しろリーダーとは、『人の気持ちを理解できる人』以外には務まるものではないからである。

 

リーダー

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『自分を他の人の立場に置けば、我々がしばしば他の人に対して感ずる嫉妬や憎悪はなくなるだろう。また他の人を自分の立場に置いたら、高慢や独りよがりは大いに減ずるだろう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『気前がよければ、人から好意を受ける。とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。』

 

『すべての人間が、自由を得るや、その欠点を発揮する。強い者は度を超え、弱い者は怠ける。』

 

『豊かさは、節度の中にある。』

 

『支配したり服従したりしないで、それでいて何者かであり得る人だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』

 

『我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。』

 

『真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。』

 

『常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。』

 

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

 

『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』

 

『愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。』

 

『人はほとんど知らない時にのみ知っている。知識とともに疑いが強まるのだから。何でも知らないことが必要で、知っていることは役に立たない。』

 

『才能は静けさの中でつくられ、性格は世の荒波の中でつくられる。』

 

『天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。』

 



↑ PAGE TOP