名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

豊臣秀吉『いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう。』

豊臣秀吉


日本武将 豊臣秀吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


思い上がりも甚だしい。傲慢不遜な人間の姿が頭に浮かぶ。だが、こういう言葉がある。

 

『自分は生まれながらに他人を支配する人間だと密かに自分に言い聞かせることによって人間は計り知れない力を身につけることが出来る』byアンドリュー・カーネギー

 

計り知れない力。 こと、それで言えば秀吉はその通りだ。自己暗示と言うべきか、どこまでも自分の力を信じて、行動し、『過信』と言わせない。こういう気概が無ければ、天下統一は出来ない。

 

アファメーション(自己効力感)とは、まさにこのこと、

 

(自分は出来る!)

 

と自らを鼓舞して言い聞かせ、潜在能力を引き出さんとする、自己暗示にも似た、自身を奮起させる精神コントロールである。私も自分に『密かに』言い聞かせているアファメーションが常としてある。つまり、私も傲慢不遜な人間の一人なのである。

 

アファメーション

 

このような自己肯定ができない人間には、まず自己実現はできない。それにこの言葉をどこで誰に言ったかということも重要だ。身内中の身内に言ったのなら、別によくあることである。どんなに偉い人も自分の身内にはつい本音を言ってしまうものであり、公の場面では口を慎むものだ。

 

つまり、彼にそういう分別のわきまえができているのであれば、心の中でこのように自己肯定をしていても問題はない。誰を例に挙げようと、自分の中でどう思うかは勝手だ。そして、その勝手に思える心の中で、

 

(あいつには勝てない)

 

と思っているようでは勝利を手にすることはできない。例えばオリンピック選手でもどんな勝負の大会でも、そう思って戦いに挑む人間が勝利を手にすることができるだろうか。

 

(自分は誰にも負けない。優勝しか考えない!)

 

と鼓舞する人間に、勝利の女神は微笑むのだ。

 

傲慢不遜になるのはダメだ。だが、自己効力感を持ち、自分を鼓舞し、奮起させ、可能性を無限に広げようとするのは正解である。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

黄金律

 

思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。

 

ということなのである。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

 

豊臣秀吉『いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ。』

 

『主人は無理を言うなる者と知れ。』

 

『元来人を斬ることが嫌いの性分であるが、覚悟がなおも直らないお前を、他国に行かせたのでは、恥の上にも一門の恥さらしとなるから、人手にかけず、秀吉のこの手で殺してやろうぞ。』

 

『誰であろうとも、忠義のためにこの世を去った者に対しては、その後継ぎを立てて、一家の絶えないようにしてやらねばならない。』

 

『信長公は勇将であるが良将ではない。』

 

『諸国が平和で静かによく治まっているように見えても、(中略)、長期陣営の心構えが大切である。』

 

『側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす。』

 

『障子を開けてみよ。外は広いぞ。』

 

『負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。』

 



↑ PAGE TOP