名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『他人に欺かれるもっとも確実な手段は、他人よりも自分のほうが狡猾だと思うことである。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『狡猾(こうかつ)』というのはつまり『過信』であり『思い上がり』だ。

 

以前、私の知人は、自らの口で、あるいはプロフィールに、『俺は駆け引き天下一品』と公言していた。しかしそれでは、『私は駆け引きをする人間です』と言っているのと同じで、それでは相手が身構えてしまって、駆け引きを有利に運べない。

 

それはまるで、勝負をつけるためのトランプゲームにおいて、自分のカードの役が何であるかを見せてしまうようなものだ。

 

トランプゲーム

 

表層的な事象に支配され、あるいは自分が(そうであってもらいたい)という根拠のない願いに支配され、相手が自分よりも弱いと決めつけ、自分の手の内を誇示した。

 

しかし、実際は相手がポーカーフェイスをしていた。

 

ということが無いようにしたい。

 

追記:私はこのことが頭に入っているから、つい先日、自分のペースに上手くはまらない人と話をしたあと、すぐにメールで自分の無知と無力さを白状し、自分に非を認めた。

 

そういう人は、常に主導権がどちらにあるかということを競おうとして、内心はどう思っているかはさておき、表層上でお互いが意見を言うと、言い争いになって不和を生むからだ。

 

不和

 

人生を生きていると色々なことがある。例えば私の叔父は私が物心ついたときから統合失調症であり、統合失調症のままこの世を去った。私の両親はクリスチャンであり、父親はクリスチャンのままこの世を去った。そして私の部下は吃音症であり、10年経った今も彼は遅刻をし続ける、異常な行動をとり続けている。

 

したがって私は、『この世にはいろいろなことがある』ということを人一倍理解するようになった。その話した相手とも、(このままで不和になるだろう)ということがわかった。私も自分で突き詰めたものを信用していたし、相手も同じようにいろいろあった人生だった。

 

エゴとエゴがぶつかり合えば、不和が生まれる。こういう時、どちらかが折れればそこに和が生まれる。それならば、私が先にそれをしようと考え、メールを打ったのだ。

 

この場合、確かに私には下心がある。『押してダメなら引いてみる』というある種の駆け引きがそこにあるからだ。それで戦局を優位に持っていこうとする発想がわずかでもある限り、それは下心である。

 

だが、その下心がわかっていた私は、その結果、自分が負けて、相手が勝って終わってもそれでいいという結果を同時に覚悟していた。もし自分が負けても、負けた分だけ人は強くなる。そういう自分の成長の材料として今回のことを受け入れれば、結果的に私の為になるからだ。

 

しかし実際は和が生まれた。私がエゴを捨て去り、無知を認めたことで、相手の『自己の重要感(自分が尊重されていると思う意識)』が満たされたのだ。そして今では相手から私にコンタクトを取るようになった。

 

この場合、どちらが『狡猾』なのかは置いておこう。しかし、過信し、思い上がり、傲慢不遜に陥った人間は駆逐される。これが真理である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『他人に欺かれるもっとも確実な手段は、他人よりも自分のほうが狡猾だと思うことである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

『大多数の若者は、そのぶしつけと無作法を、天真爛漫のつもりでいる。』

 

『人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。』

 

『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』

 

ある。』

 

『よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、他人の迷惑になっていることがよくあるものである。』

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP