名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

リチャード・ニクソン『偉大な指導者は、必ずしも善良な人ではない。』

リチャード・ニクソン


アメリカ政治家 リチャード・ニクソン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


第37代アメリカ大統領のリチャード・ニクソン、史上初の肩書とは、ウォーターゲート事件によって下された、『任期中の辞任』である。

 

『偉大な指導者』の中には当然、独裁者もいるということだ。では彼ら『偉大な指導者』はどういう人生だったのだろうか。誰が言う『偉大な指導者』なのか。小人が言うそれなら、何のあてにもならない。このよに『猛者』なら数えきれないほどいるが、『偉人』となると、数えるほどしかいない。

 

冤罪を着せられて死刑されるために収監されていたソクラテスは、幼馴染のクリトンに脱獄をするよう説得されたが断り、その理由について説明する中で、こう答えた。

 

『いつも我々が語っていたあの真理(原則)に、それをすると逆らうことにならないだろうか。また、君は私を脱獄させる理由の一つに、『脱獄させなければ僕は大衆から何を言われるかわからない』ということを挙げているが、深く真剣に考えた意見は尊重し、浅はかないい加減な意見は無視する、それこそが、我々がこの人生で重んじてきた真理なのではないだろうか。』

 

自分の命がかかった究極の場面で、偉大な人間とは一体どういう人間であるかを、見誤らなかった人間もいるのだ。今一度、『偉大な指導者』について考え直したいものだ。

 

立ち向かう

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

リチャード・ニクソン『偉大な指導者は、必ずしも善良な人ではない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。』

 

『成功者はすべて決断を早急につける習慣を身につけており、もし、その決断を変えなければならぬときは非常に遅くやる。』

 

『大いなる目的に没頭したことがない者は人生の山場を経験していないことになる。何かに没頭することで自分が何者か知ることができる。』

 

『まず真実に忠実であることを誓おう。あるがままを見て、そのままを伝えよう。そして、真実を見つけ出し、真実を語り、真実を生きよう。これこそ、これからわれわれが行うことだ。』

 

『成功に満足してはならないし、失敗に落胆してもならない。失敗は悲しいものだが、最大の悲しみは、挑戦して失敗することではなく、まったく挑戦しないことである。』

 

『才能や能力などではなく、その精神によって、それぞれの人生には大きな差ができる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP