名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

南原繁『理想は一人の青年の夢想ではなく、また単なる抽象的観念でもなく、われわれの生活を貫いて、いかなる日常の行動にも必ず現実の力となって働くものである。』

南原繁


日本東大名誉教授 南原繁画像


『われわれの生活を貫く』というところがポイントだ。

 

これは例えば、ルソーが、

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

と言っている様に、あるいはマキャベリが、

『運命は我々の行為の半分を支配し、他の半分を我々自身にゆだねる。』

 

と言っている様に、我々人間には、『無意識』と『意識』の二つの人格がある。それを『意識的に打破、支配しようではないか』というのが、挙げた偉人たちの言葉の背景にある訴えである。

 

意識

 

周りに流されるのではなく、私利私欲に身を任せるのでもなく、自分の人生の舵を握って、主体的に生きよう。それが、これらの言葉が訴える、力強い助言なのである。

 

そこまで考えると、『われわれの生活を貫く』 ということの意味がもう見えてきたはずである。ここで言う『理想』が、ルソーとマキャベリの言う『意識的な打破の決意』だ。全てはそこから始まる。なにしろ、思考は現実化するのだから。

 

『理想は一人の青年の夢想ではなく、また単なる抽象的観念でもなく、われわれの生活を貫いて、いかなる日常の行動にも必ず現実の力となって働くものである。』

 

意識

 

まず抱くべきなのが『理想』だ。何しろすべては、自分の頭の中から始まっていく。別にもっと前の段階を見てもいい。

 

渋沢栄一は言った。

『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

 

渋沢栄一が言うのは『夢』である。それが端緒となり、最後には『幸福』がある。

 

『心が変われば態度が変わる。態度が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。』

 

ここで出ている言葉は『心』である。

 

  • 理想
  •  

    なんでもいい。とにかくこれらの共通点は、『自分の頭の中』である。つまりこういうことだ。

     

     

    4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

    自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

    自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

     

     

    黄金律

    『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

     

     

    黄金律

    『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

     

    黄金律

    『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

     

     

     

     

    南原繁『理想は一人の青年の夢想ではなく、また単なる抽象的観念でもなく、われわれの生活を貫いて、いかなる日常の行動にも必ず現実の力となって働くものである。』



    ↑ PAGE TOP