名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『小さい事に身を入れすぎる人は、通常大きな事ができなくなる。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば、よく1円単位で、主婦が日常の買い物に汗水たらしていることがある。いや、それ自体はいい。毎日の生計を立てることに真剣になるのは、当然なのだ。

 

だが、ある主婦の中には、わざわざ隣町まで車で行って安い買い物をするが、実際はガソリン代を払っている計算をしなければならない為、総合的に考えると、マイナスになってしまっている人がいた。

 

あるいは、日々の小さな小銭のやり取りに慣れてしまい、旅行や、車や、家という大きな単位になると金銭感覚がマヒし、何百万円、時には何千万円を損してしまう人がいるのだ。

 

まさに、ロシュフーコーの言う言葉通りの展開である。日々の些事に囚われ過ぎて、大局を見誤らないように注意するべし。

 

金銭感覚

 

『小さい事に身を入れすぎる人は、通常大きな事ができなくなる。』

 

またこの言葉を受け、例えば次の黄金律を考えてみる。

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。

 

これを曲解すると、

『だって一歩なんてここで言う『小さいこと』だから、そんなことに身を入れすぎてはダメだよ。大きな成果を得られなくなる。大きな成果を得るためには、ちまちまやっていてはダメだ。大きく狙わないと。』

 

ということになる可能性がある。

 

しかし注意しなければならないのは『身を入れすぎる』という言葉だ。そうすると例えば、『この日だけが人生のすべて』という強迫観念に襲われ、身動きが取れなくなる。

 

実際にはそうではない。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。

 

つまり、人間はどのみち過去も未来も生きることはできず、今日しか生きることはできない。だが、今日を生きることはできる。それはつまり、今日を全力で生きるべきであるということを意味しているのである。

 

だが、全力で生きるということと、『今日この日で人生が終わる』と解釈するのは意味が違うことになる。

 

もちろん、ホラティウスがこう言ったように、

『毎日自分に言い聞かせなさい。今日が人生最後の日だと。あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう。』

 

今日が人生最後の日だと『思って過ごす』のはいい。 だが、『思い込む』のは違う。実際に今日が本当に最後になる確率はそう高くはないからだ。

 

『身を入れる』のはいい。だが、何事も『すぎる』というのはよくない。良い加減が必要だ。『いい加減』ではなく良い加減で確かな一歩を踏み続けることが必要である。

 

イチローは言った。

『確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。』

 

一歩

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『小さい事に身を入れすぎる人は、通常大きな事ができなくなる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

『大多数の若者は、そのぶしつけと無作法を、天真爛漫のつもりでいる。』

 

『人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。』

 

『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP