名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ニーチェ『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ニーチェはこうも言う。

『孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。』

 

孤独の状況になると、心配事や不安の種、憂うべく現状について考えざるを得なくなり、孤独の状況を避ける傾向がある人間を、私は何十人も見て来た。いや、何百人と言っていいだろう。

 

この、人混みが嫌いで、群れが嫌いな、ある意味の排他的な人間である私が、そんなにも大勢の人数を挙げたのだ。それはもはや、私が今まで出会った人間の、全てに等しい数字なのである。

 

思慮を放棄すると、『楽になれる』気がするのだ。考えなくていい、と。そういう安堵の気持ちに浸ることが出来る。

 

  • 悪友との内容の浅いおしゃべり
  • 飲酒
  • 暴走行為
  • カラオケ
  • ドラッグ
  • SEX
  • ギャンブル
  • 夜遊び
  •  

    ざっと挙げたこれらの共通点はまさしく、『思考から逃げる時間稼ぎ』なのである。

     

    ドラッグ

     

    これらのことをしていると頭の中が『それ』で一杯になる。それを心底の部分ではわかっていて、取っている行動なのである。

     

    デール・カーネギーの名著『道は開ける』にはこうある。

     

    -------------▼

     

    忙しい状態に身を置くと言う単純なことで、なぜ不安を拭い去ることが出来るのだろうか?そのわけは、ある法則─心理学が明らかにしたもっとも基本的な法則のためである。

     

    その法則とは、どんなに優秀な頭脳の持ち主であっても、人間は一度に<一つの事>しか思考できないというものだ。

     

    頭脳

     

    -------------▲

     

    更なる詳細は、古代ギリシャ三大悲劇詩人、ソフォクレスの、

    『悩みの最上の薬は運動である。悩みの解決には、脳の代わりに筋肉を多く使うことに限る。効果はたちどころ表れる。』

     

    この記事に書いた。

     

    とにかく人は、『孤独を恐れる』傾向があるのだ。だがそれはスバリ、『思慮が浅い』だけなのである。もう少しだけ潜ってみるといい。おのずとその意味も見えて来るだろう。

     

    自己発見に関する世界最高の権威の一人、ロビン・シャーマの著書、『3週間続ければ一生が変わる』にはこうある。

     

    --------------▼

     

    孤独になれる時間を確保する

     

    イギリスの詩人、ウィリアム・ワーズワースは、思慮深いことばを述べています。

    『あわただしい世界によってあまりに長いあいだ自分のいい面から隔てられ、世界のできごとに飽き飽きし、世界の悦びにもうんざりしているとき、孤独はなんと優雅で、なんと慈悲深いことか。』

     

    (中略)

     

    たとえ一日数分でもかまいません。孤独を経験すれば、最優先事項に集中することが出来て、わたしたちの多くの生活に浸透している怠慢を防ぐことができるでしょう。時間がないので定期的に沈黙していられないというのは、運転するのに忙しすぎてガソリン・スタンドに寄れない、と言っているのと同じです。

     

    鏡

     

    --------------▲

     

    『孤独になる』という言葉の意味を勘違いしてはならない。

     

    ブッダは言う。

    『外に答を求めるな。孤独の状況で自分の内面と向き合うべし』(超訳)

     

    つまり、確かに『悩みの種』を持ちこんだら、思慮の中でそれが増幅して刹那の苦痛を垣間見るが、その後にすぐに見えて来るものがあるのだ。

     

    それは、『真理』である。

     

    人はいずれ死ぬ、という真理に、たどり着くのである。それが深い深い思慮の深海にまで潜った人間が、見つけ出した『真珠』という、光なのである。そう考えると、『自己を孤独に持ち込む』。これつまり、『自己の成長』を意味する。

     

    『悩み』だけを持ち込むからいけないのだ。ナルシストなわけでもないし。もっとすべてにおいて平等公正に持ち込んでみればいいのだ。その総合こそが『自己』である。

     

    どうせ『持ち込んだら増幅してしまう』のであれば、それを逆に利用して、『自己を持ち込んで成長させてしまえばいい』ではないか。

     

    知っているだろうか。釈迦が『ブッダ(悟りを開いた者)』になったのは、29年間の王子生活でもなければ、6年間の修行生活のおかげでもない。瞑想によって、自分の心と向き合ったからだ。

     

    瞑想

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

    孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ニーチェ『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

     

    『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

     

    『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

     

    『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

     

    『愛せなければ通過せよ。』

     

    『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

     

    『どれほど良いことに見えても、「~のために」行うことは、卑しく貪欲なことだ。』

     

    『おのれの友のうちに、おのれの最善の敵を持つべきである。君が友に敵対するとき、君の心は彼に最も近付いているのでなければならない。』

     

    『一般的にいって、本当の友情は喜びと悲しみを共にすることによってのみ結ばれるものです。』

     

    『君は奴隷か?それなら君は友とはなれない。君は暴君か?それなら君は、友を持てない。』

     

    『自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP