『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『自分は敬虔な信仰者?それなのになぜあなたの家には、不和があるのだ。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

私はクリスチャンの両親の下に生まれ、それを強要され、 教会に行かなければ怒鳴られ、時には刃物を握ったこともあるからよくわかるが、世の中には、『エセ』信仰者で、溢れている。 当然私の両親も、その類だった。何しろ、信仰は強要してはならない。私の心が信仰を求めていないのにそれを強要し、それをやらなければうちの子ではないという扱いを受けた。それだけで、そのあと私が家出をした十二分な理由になり得るはずである。それはもう15年以上も前の事だ。

 

だが、つい1年前、私が30歳になるかどうかというときも、散々揉めてきたはずの私の前で、祈りを見せびらかす様な行動をとる母親が居た。その1年後、つまりつい先日に、ようやく

 

母親

あなたはあなたでいいと思う。私も、昔姉が死んだとき、よく理解もせずに集会に通う様になり、それを子供のあなたたちに押し付けたのは、悪かったと思う。

 

というセリフをさらっと会話の中で言ったが、とんでもない。

 

このセリフを言うまでに、一体どれだけの壮絶なドラマがあったと思うか。そこにあるのは、およそ、サラッと聞き流すようなドラマではない。

 

しかし私はもう子供ではなかった。母親とて、大変だったのだ。生きるために、信仰が必要だったのだ。姉を亡くし、弟が精神分裂病になり、父が死に、今では夫も死んだ。そんな中、気丈に生きていくために、心の闇に一片の光が差した。その光がたまたま、イエス・キリストの存在だったのだ。だから、それはいい。終わったことは、もういい。私の事はいい。しかし全ての人は、覚えておかなければならない。

 

 

たとえあなたが『身の潔白』を唱えようとも、その家に不和があるのなら、その家に信仰者はいない。

 

 

参照:『格言の書 第17章』

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
格言の書 第17章。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧