『ヒト』を最適化しよう。

子供に口臭がある場合はどうすればいい?親ができる対策とは

子供に口臭がある場合はどうすればいい?

親がしてあげられることはたくさんあります。例えば、

 

  • スナック菓子やスイーツを食べさせすぎない
  • 食材は大きく切って出す
  • 野菜を毎日出す
  • 感謝して食事を食べさせる

 

等の食事関係の最適化もそうですし、歯磨きの方法を教えるのもそうです。また単純にその原因を突き止め、一緒になって治療と改善方法を考えることもできますね。ニオイの異常は体調異常のサインの場合も多いので、それを見て見ぬふりして取り返しのつかないことになる前に対処しましょう。

先生

まずは親が知識を学ぶことが大事だね!『知は力なり』だから!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

子供にも口臭はある

子供にも口臭が出る可能性はあります。ただ、大人ほど深刻なものはないでしょう。そうだと断言している専門家が一人もいませんし、私自身、子供時代を経験して、あるいはたくさんの子供に出会って、そのようなニオイがする子供に出会ったことが一度もありません。まず、下記の表をご覧ください。

 

様々な口臭の原因とニオイの種類

歯周病・虫歯 イオウのニオイ
胃腸病 卵の腐ったニオイ
肝臓病 ネズミ臭(濡れ雑巾とニンニクが混ざったようなニオイ)
糖尿病 甘い、甘酸っぱいニオイ(ケトン体)
腎臓病 アンモニアのニオイ
呼吸器系疾患 生臭い、肉の腐ったニオイ
心臓病 生臭い、肉の腐ったニオイ
唾液の減少 雑巾や布巾のような生乾きのようなニオイ

 

口臭と言うのは大きく分けると、

 

  • 虫歯・歯周病
  • 様々な病気
  • 唾液の減少

 

であり、そのうち病気が原因の口臭は、やはり子供の方が罹患する可能性が低いので、元々口臭が出にくい時期だと言えます。『お口のさわやかエチケット』(三省堂)にはこうあります。

Q.中年の人になぜ口臭が多いの?

 

(中略)A.唾液の分泌が減ってくるからです。

 

(省略)また、口臭の原因としていちばん多い病気は歯周病ですが、中年になると歯周病にかかる率も高くなってきます。

 

要点だけ引用しましたが、まさにこういう理由で歯周病も口臭も、中年以降に発症しやすく、子供はそのリスクは低いと言えます。

 

先生

もちろん例外はあるけど、たしかにこの表に当てはまるような状況に陥る子供はそうはいないよね!
たしかに!

ハニワくん

子供は虫歯になりやすい?

ただ、実は子供も油断はできません。下記の記事にも書きましたが、

 

Inquiry.
口臭がある人に傷つけずにそれを伝える方法を考えよう

 

『よくわかる家庭の歯学―歯磨き、歯周病予防から矯正治療、審美治療、インプラントまで』にはこうあります。

子供はなぜ虫歯になりやすいか

 

同じ歯なのに、乳歯と永久歯では歯の硬さが全然違います。永久歯は乳歯に比べて5~6倍の硬さがあり、乳歯は大人の歯の弱い部分の象牙質やセメント質の硬さと同じくらいの硬さしかありません。大人の場合、軟らかい象牙質やセメント質は、エナメル質や歯茎でおおわれているので虫歯になりにくいのですが、子供の場合は、軟らかい乳歯が外界にじかにさらされてばい菌と接するので、虫歯になりやすいのです。

 

子供の歯である乳歯は軟らかいので、虫歯になりやすい性質があります。ですから、しっかりと再石灰化が行われる必要があります。虫歯になる流れは以下の通りです。

 

STEP.1
ミュースタンス菌が口に入る
 
STEP.2
飲食物の糖分を分解し、グルカンというネバネバした物質を作る
 歯の表面に張り付いてプラークを形成する。
STEP.3
菌が増殖するとバイオフィルムと呼ばれる膜となり歯を覆う
 歯ブラシも抗菌剤も太刀打ちできないほどの強固なバリア。
STEP.4
この絶好の環境の中でミュースタンス菌は糖分を餌に酸を作り、放出し続ける
 
STEP.5
この酸がエナメル質を少しずつ溶かし、歯の表面に穴が開いて虫歯となる
 
STEP.6
エナメル質は人体で最も硬い組織。
 

 

もう一つの流れがこうですね。

 

STEP.1
食事をして口の中が酸性になる
 
STEP.2
エナメル質からミネラル分が溶け出す『脱灰』が起こる
 脱灰が始まるのはpH5.5より下がったとき。
STEP.3
本来は『緩衝能』という唾液の力によって『再石灰化』が行われる
 これによって脱灰した部分が修復される。
STEP.4
しかしあまりにも一日に脱灰が頻発すると再石灰化が間に合わない
 結果的に修復が間に合わず、穴が空きやすくなる
STEP.5
虫歯になる
 

 

ポイントは、

 

  • ミュースタンス菌
  • よく噛んで食べる

 

です。つまり、『和食等の甘さを控えた健康的な食事』を、『よく噛んで食べる』ことで歯に余計な物質が付着するのを防ぎ、たっぷりと唾液を出して歯の状態を『中性』に戻して『再石灰化』させて歯の修復をすることで、虫歯を予防できるのです。

 

先生

歯が弱いから仕方ないね!例えば老人は骨折しやすいけど、骨がもろくなるからだからね!骨が弱い人は骨折しやすいし、そうじゃない人は殴ったり頭突きをしても骨が折れない!
先生、たまに怖いっす!

ハニワくん

虫歯・歯周病に罹患しやすいかどうかのチェック方法

その記事には、兵庫県歯科医師会小児歯科医である徳永純一郎氏が伝えているチェック方法について書いています。これに該当する数が多ければ虫歯・歯周病にかかりやすく、それによって口臭が出る可能性があるわけです。

 

  1. テレビを観ながら食事する習慣がある
  2. お茶を飲みながら食事する
  3. 食パンの耳は食べない
  4. キャベツよりもレタスが好き
  5. リンゴをまるかじりでは食べない(切って食べている)
  6. 野菜を毎日食べていない
  7. スナック菓子をよく食べる
  8. ガムは味がなくなると捨てる
  9. 一口噛むのは15回以下である
  10. ハンバーガーショップに月に3回以上は行く

 

もしこれらの項目に『6以上』当てはまる場合は、高い確率で虫歯・歯周病に罹患する可能性があるので、母親はこれらのポイントに基づいて指導・助言をするといいでしょう。

 

先生

これなら親の立場からチェックできるわけだね!どういう指導をすればいいかわからない人は多いはずだから!
たしかに!

ハニワくん

噛む・10ヶ条=口臭を引き起こさないための必要条件

そしてそれに対して本はそれを踏まえて、『噛む・10ヶ条=口臭を引き起こさないための必要条件』として、ポイントをまとめています。

 

噛む・10ヶ条=口臭を引き起こさないための必要条件

  1. 食事時間をたっぷりとる(ゆっくりと味わうこと)
  2. 食事中のお茶をやめる(流し込まない)
  3. 食事中のテレビはやめる(口腔生理機能が低下する)
  4. 食卓に一品は歯ごたえのある食べ物を(咀嚼機能を上げる=30回以上の意識的な咀嚼を心掛ける)
  5. 洋食を少なく和食中心に(咀嚼力の向上とバランスのある食事)
  6. 野菜をどんどん食べる(胃・腸・口がキレイになっていく)
  7. 加工食品を控える(手作り料理がよい)
  8. 食べ物そのものの味を味わう(うす味が良い。噛めば噛むほど味が出る)
  9. 入り豆やチューイングガム(シュガーレス)を噛んで訓練する(口腔生理機能の向上)
  10. 一粒のごはんには多くの汗が、魚や肉にもかつて生命があったことを教えて、一つ一つの食べ物に感謝の気持ちを教える(よく噛むことにつながる)

 

基本的にこれは、

 

  • 噛む力
  • 唾液の分泌量

 

についての対策ですね。下記の記事に、

 

  • 『キシリトール100%の硬いガム』を噛む
  • 毒出しうがい

 

について書きましたが、これらによってもその目的は達成できます。

 

 

口臭の原因の一つには、『口の筋肉が衰えている』ということが挙げられます。それによって唾液の分泌量が減少し、口臭に繋がるわけですね。つまり記事にあるように、

キシリトールの含有率が多ければ多いほど、ガムは硬くなる。噛み応えが強くなるほど、唾液の分泌が促され、口の中のpHが酸性から中性に戻りやすくなる。

 

『キシリトール100%の硬いガム』を噛むということは、『口臭の原因になる口の筋肉の衰え予防』にもなるのです。このような理由から、『キシリトール100%の硬いガム』を食べることは口臭予防と対策になると言えるわけです。上に挙げられている『咀嚼力の向上』というのは、こうした目的があるわけです。

 

 

先生

最近は本当によく噛まないで食べる子供が多いし、また食事もそういうものが多いからね!必要以上に意識して、ようやく『必要な分』だけ噛めるはずだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

口周りの筋肉の衰えと口呼吸のデメリット

 

また上記の記事に書いたように、『口周りの筋肉の衰え』によって『口呼吸』になりがちになります。口呼吸になると、

 

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 風邪(その他病気)
  • 花粉症
  • 扁桃腺炎
  • 歯周病

 

といった様々な問題を引き起こし、口臭の原因ともなってしまうわけです。これは、子供でも関係なく罹患する可能性がある病気や症状ですので、子供であっても油断はできません。

 

 

 

先生

これらによって更に鼻がふさがって口呼吸になると、それで余計に口臭が悪化するからね!口が乾燥してしまうから!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

歯周病(特に歯肉炎)は子供でもなる

『歯周病』は子供でもなります。

ティーンエイジャーの歯周病

 

Q.17歳の女子高生の母親です。娘が歯周病と診断されましたが、若い人でも歯周病にかかるのでしょうか。

 

A.若い人で、見た目には健康的できれいな歯をしていても、本人は、歯が動いたり食物が詰まることが気になっている場合があります。細菌が奥深く入り込んでいるとか、免疫機能の低下や遺伝的要因もありますので、歯科医院で診断・治療を受けるようにしてください。

 

侵襲性歯周炎とは

 

歯周病といっても病型によって違います。一般的には、歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病と呼んでいます。歯肉炎は比較的若い人に、歯周炎は35歳以上の人に発症するというのが一般的です。

 

つまりこういうことですね。

 

歯周病にかかりやすい年齢

歯肉炎 若い人
歯周炎 35歳以上の人

 

更に、『歯周病 (専門のお医者さんが語るQ&A)』にはこうあります。

子供の歯肉炎は、歯の萌出する5~6歳ごろからみられ、思春期初期(11~15歳)では、約50%の子供に認められます。これは歯並びの不正やむし歯、プラークコントロールが十分できない不規則な食生活などの要因が、プラークの付着を容易にし、その結果引き起こされた歯肉の炎症です。

 

また、抗てんかん薬による増殖性歯肉炎、インフルエンザなどで全身性に抵抗力が低下した状態で起こる急性壊死性潰瘍性歯肉炎、ヘルペスウイルスに感染して発症するヘルペス性歯肉炎など特殊な歯肉炎もあります。

 

様々な歯肉炎

種類 原因
増殖性歯肉炎 抗てんかん薬
急性壊死性潰瘍性歯肉炎 インフルエンザなどで全身性に抵抗力が低下した状態で起こる
ヘルペス性歯肉炎 ヘルペスウイルスに感染して発症する

 

歯肉炎には様々な種類があります。ですから、歯肉炎の歯周病であった場合は十分若い人でもあり得るということです。ただ、歯周病になる流れを見てみましょう。

 

STEP.1
プラークを放置すると歯肉の炎症が起こる
 
STEP.2
歯肉炎が続くと、歯周ポケットができる
 歯周ポケットの中にはプラークがたまりやすく、細菌が棲みつきやすい。
STEP.3
炎症が進むと、セメント質・歯根膜・歯槽骨などにも及ぶ
  それらが破壊されるようになった状態を『歯周炎』と呼ぶ。
STEP.4
歯周ポケットから膿が出て口臭がひどくなる
 
STEP.5
歯がぐらつきだし、最後には抜ける。
 

 

歯肉縁が続くと歯周ポケットができ、そのまま炎症が進むと歯周炎にもなりますからね。『若い人は歯周炎にはならない』というわけではないのです。ですから子供に対して口臭の対策をする場合は、先ほど挙げた『様々な口臭の原因とニオイの種類』の、

 

  • 虫歯・歯周病
  • 様々な病気
  • 唾液の減少

 

のうち、胃腸病や糖尿病といった病気に罹患するリスクはまだ低いので、それ以外の2つの要素についてアプローチするために、『和食等の甘さを控えた健康的な食事』を、『よく噛んで食べる』ことを推奨することで、口臭対策となるでしょう。

 

先生

『和食等の甘さを控えた健康的な食事』自体に大きな恩恵があるからね!食事の最適化をするということは、心身の健康につながっているよ!
たしかに!

ハニワくん

油断すると自立したときに一気に転落する?

ただ、『歯周病で死ぬのはイヤだ!』にはこうあります。

自立のとき

 

永久歯が生えそろう12歳ごろになると、免疫力がついて歯の石灰化も十分となるため、虫歯にかかりにくくなります。ところが、18歳前後に三度目の危機が訪れます。このころになると、親元をはなれて一人で生活、あるいは親元についても親のいうことを聞かなくなるものです。生活のリズムがめちゃくちゃになり、食生活も不規則になりがちです。すると、おとなしく潜んでいた虫歯菌が活動をはじめて、虫歯になることがあります。

 

 

ここに『三度目の危機』とありますが、子供は『虫歯』になりやすいと先ほどありましたように、何度か乳歯が永久歯に生え変わるタイミングやその前に、口腔ケアを怠ると、様々な問題が起こる可能性があります。例えば、

 

どうせ大人の歯に生え変わるから虫歯を放置しよう

 

などと大人が考えて治療をしないと、最悪の場合死に至ります。本にはこうもあります。

虫歯は感染症です。したがって、虫歯の中にはかなり多くの虫歯菌が棲みついています。これらの虫歯菌は、口の中でさらにほかの歯を虫歯にしようと虎視眈々と狙っています。極端な場合、虫歯菌が脳に回り死に至らしめることがあります。

 

このようにして、子供だからといって歯の治療や口腔ケアを怠ってはいけないのです。そして先ほどの話ですが、『おとなしく潜んでいた虫歯菌』とありますね。このような例を考えると、『子供時代だからといって、病気や、虫歯など、もし罹患してもそう大げさな話にはならない』という考え方は、とても安易だということがわかります。

 

ですから先ほど『胃腸病や糖尿病といった病気に罹患するリスクはまだ低い』と言いましたが、実際にはそのような病気、あるいは生活習慣病というものは、たとえ子供時代に発症しなくても、間違った生活習慣の延長線上にはそれが待ち受けています。

 

 

先ほどの『自立』の話のように、いざ親元を離れ、管理が甘くなり、油断し、あるいは、親元にいる頃からも生活習慣が乱れるようなことがあれば、気づけば、

 

  • 虫歯・歯周病
  • 様々な病気

 

に罹患していて、口臭が出るとか、取り返しのつかないことになっているということもあります。ですから、あまり『子供だから』という風に見ず、子供も大人も同じように考えることが大事ですね。

 

先生

確かに子供の時代はあまり発症しなくても、甘えた考え方が矯正されずにいると、大人になったときに一気に転落する可能性があるからね!
たしかに!

ハニワくん

子供のときに虫歯がひどいと、大人になって歯周病になりやすい?

また、その『潜在していたリスク』ということで言えば、『歯周病 (専門のお医者さんが語るQ&A)』にはこうあります。

Q.小学生の子供が虫歯の治療中です。子供のときに虫歯がひどいと、大人になって歯周病になりやすいでしょうか

 

A.唾液の正常、歯の質、虫歯を発生させる細菌の種類、食生活、口腔清掃状態などの因子が相互に作用しあって虫歯を発症させます。これらの因子は、歯周病の発症にも関係しています。

 

 

上記の記事にも書いたように、虫歯・歯周病は違うものですが、口臭があるのはどちらかというと歯周病の方です。口臭が本格的になるのは、歯周病が悪化してできる、『歯周ポケット』ができてからになります。そして歯垢や歯石が溜まっていると、それは虫歯・歯周病の原因となるわけです。

 

虫歯・歯周病の原因

虫歯 ミュースタンス菌、プラーク、食事による脱灰
歯周病 プラーク、歯石

 

つまり、虫歯と歯周病の原因はほとんど同じなのです。ですから、虫歯を放置すると大人になってそれが歯周病になりやすい事実も存在するのです。

 

先生

これもさっきと同じ考え方だね!とにかく、大丈夫な時期にその時期をあまり過信して『前始末』を怠ると、転落するということだね!
うーむ、深い!

ハニワくん

歯の噛み合わせが悪いと歯や歯茎が悪くなる?

同じように、『子供の歯の噛み合わせが悪い』状態を放っておくと、大人になって『歯や歯茎が悪くなる』ということがあります。本にはこうもあります。

こうした乳歯列期の不正咬合をそのままにしておくと、永久歯列になったとき、歯や歯周組織にさまざまな影響を与えます。永久歯列になって 不正咬合がある場合には、ブラッシングがしづらくなると同時に、歯ブラシの毛先が隅まで届きにくくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。さらに歯並びに凹凸があると、唾液による自浄作用が低下し、いっそう虫歯や歯周病になりやすくなります。

 

つまり、やはり『子供だから』という風に見ず、子供も大人も同じように考えることが大事ですね。むしろ子供のころからしっかりと対策をしておかないと、『歯の矯正』のように、後で窮屈な思いをしてその逸れた方向を元に戻すことになります。口臭というのはそのときに出る『逸れたサイン』の一つですね。

 

 

 

先生

歯並びが悪いと確かにプラークコントロールがしづらいからね!プラークの磨き残しなんかがあると、口臭や虫歯なんかの原因になるしね!
たしかに!

ハニワくん

その他の注意点

また女性の場合は生理等でも口臭が出る場合があります。詳細は下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

それから最近では、長時間のスマホやゲームなども当たり前になってきました。それが結果的に口臭を生み出す可能性もあります。

 

 

そして大人と同じように、以下のポイントをしっかりと押さえて対策をしましょう。

 

 

先生

子供にも女性は当然いるし、スマホやゲームをするし、この話はすべて当てはまるからね!特に最近はスマホや携帯ゲームなんかの進化がすごいから注意が必要だね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔ 
  1. 子供にも口臭はあるが、大体が大人ほど深刻なものではない。
  2. 子供は虫歯になりやすい。
  3. 虫歯・歯周病に罹患しやすいかどうかのチェック方法を確認する。
  4. 噛む・10ヶ条=口臭を引き起こさないための必要条件を確認する。
  5. 『口周りの筋肉の衰え』によって『口呼吸』になると、様々な問題が起きる。
  6. 歯周病(特に歯肉炎)は子供でもなる。
  7. 『和食等の甘さを控えた健康的な食事』を、『よく噛んで食べる』ことを推奨することで、口臭対策となる。
  8. 子供だからと油断すると自立したときに口臭の原因が発症する可能性がある。
  9. 子供のときに虫歯がひどいと、大人になって歯周病になりやすい。
  10. 歯の噛み合わせが悪いと歯や歯茎が悪くなり、口臭も出やすくなる。その他の注意点を確認する。