『ヒト』を最適化しよう。

『ニキビ・円形脱毛症』に効く漢方薬はあるけど種類がたくさんあってカスタマイズに手間取る

漢方薬は円形脱毛症には有効かもしれない

 

円形脱毛症は治療しなくてもいい

2018年6月20日のニュースにはこうありました。

髪の毛などが抜ける「円形脱毛症」。日本皮膚科学会は昨年12月、7年ぶりに改訂した診療ガイドライン(指針)で、ウィッグ(かつら)の使用を推奨し、「治療しないこと」も選択肢にあげた。根本的な治療法がないなか、患者の心身の負担なども考慮し、治療に固執しない考え方があることを示した。

参考 円形脱毛症は治療しなくてもいい 学会が指針改定朝日新聞デジタル

 

『根本的な治療がない』、『患者の心身の負担なども考慮』とありますね。この脱毛症が精神的負担が原因であること、そして放置していれば治る可能性が高いことがわかるニュースということがわかります。

 

先生

やっぱり円形脱毛症は一時的である場合が多いんだね!
なるへそ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 漢方薬は円形脱毛症には有効かもしれない。
  2. 『毒である漢方薬』を飲んで、その排泄を促し、体を健康にする。
  3. 『強引な治療』より『自然治癒を促す』方が、自然の摂理にかなっている。
  4. 薬の過剰摂取は脱毛症の原因となる。円形脱毛症は治療しなくてもいい。

 

漢方薬は薄毛に効くのか

 

円形脱毛症に効く漢方薬は書きました。円形脱毛症は、100%ではありませんが、ストレスが原因で起こる脱毛症なので、精神安定を促すような漢方薬がピックアップされています。それら一つ一つが、

 

  • 抑うつ
  • 不安
  • イライラ
  • 不眠
  • のぼせ
  • 発汗
  • 不定愁訴

 

などの問題に効果があり、それによって精神安定を促し、心身の負担を取り除き、体調不良を改善するということですね。今回はそうした漢方薬の選び方のポイントについて書いていきます。例えばこのほかにも、『肩こり』にスポットライトを当てれば、薄毛の原因ともいえるわけです。

 

『首凝り、肩凝り、頭痛、めまい、腰痛』と抜け毛の関係はある?

 

肩凝りというのは血流不全によって起きる症状ですから、それは結果的に髪の毛にも悪い影響を与えます。下記の記事に書きましたが、薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』ですから、そのうちの血行促進が阻害されるということは、問題視しなければなりません。

 

長時間スマホを使用すると血流不全になって薄毛になる?頭皮マッサージでカチカチ頭を血行促進すれば若ハゲ対策はできるか

 

STEP.1
便秘・頭痛・腰痛・虫歯になる
 
STEP.2
血液がドロドロになる
 
STEP.3
髪の毛に酸素や栄養素が回らなくなる
 
STEP.4
薄毛になる
 

 

先生

漢方薬は西洋の薬とはちょっと違って、アプローチの方法が違うからね!薬とはちょっと違う考え方で漢方薬を使用するのがいいよ!
ふむ!

ハニワくん

『陰・陽』『虚・実』ってなに?ちょっと難しくて何言ってるか…

ただ、漢方薬というのは『カスタマイズ』が細かいものなので、最初はなかなかどれを選べばいいか難しいものです。例えば肩凝りにも色々種類がありますが、その症状、あるいはその人の体質などによって、投与すべき漢方薬は異なってきます。

 

 

『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』にはこうあります。

病気は、全身の働きのゆがみと考える

 

漢方では、体のどこに現れた病気でも、全身の働きのゆがみから起こると考えます。そして、患者さん一人ひとりの歪み方をとらえるのが、漢方における診断ともいえます。それが『証(しょう)』です。漢方薬は、その『証』に基づいて処方されます。

 

『証』をみるには、漢方独特の観点に立って病気をとらえます。その基本となるのが『陰・陽』『虚・実』などの概念です。いわば、”証をみるものさし”といったところで、これらに『証』という言葉をつけて、患者さんの状態を表します。

 

『陰証』といえば、『陰』の状態にあることを、『陽証』といえば『陽』の状態にあることを意味しています。

 

少し気を楽にして読んでいる人は、何が何だかわかりませんよね。

 

 

漢字がたくさん出てきて、その一つ一つの意味を覚えて、それに見合った漢方薬を服用しなければならないんですからね。

 

『陰証(寒証)』 寒さに支配されている寒がりタイプ

  • 寒がりで、厚着を好む
  • 温熱刺激を好む
  • 熱い飲み物を好む
  • 顔面が蒼白
  • 体温が低め舌の色が薄い・舌苔が湿潤
  • 脈がかすかで遅い
  • 便臭が弱い
  • 肛門の灼熱感をともなわない不消化の下痢
  • 薄い色の尿が頻繁に出る

 

 

『陽証(熱証)』 熱に支配されている暑がりタイプ

  • 暑がりで、薄着を好む
  • 寒冷刺激を好む
  • 冷たい飲み物を好んで多飲する
  • 顔面が紅潮
  • 体温が高め
  • 舌が赤い・舌苔が乾燥
  • 脈が皮膚のすぐ下で触れ、速い
  • 便臭が強い
  • 肛門の灼熱感をともなう下痢(しぶり腹)
  • 尿の色が濃い

 

『虚証』体力がない 病気に対する抵抗力・反応が弱い

 

慢性疾患(体力)

  • きゃしゃな体
  • 気力がない、疲れやすい
  • 目の光り、声に力がない
  • 腹力が軟弱
  • 脈が弱弱しい
  • 下痢しやすい

 

急性疾患

  • 症状が弱く、穏やか
  • 自然に汗が出る(かぜのひき始めなど)
  • 脈が弱弱しい

 

『実証』体力がある 病気に対する抵抗力・反応が強い

 

慢性疾患(体力)

  • がっちりした体格
  • 気力がある、疲れにくい
  • 目の光、声に力がある
  • 腹力が充実
  • 脈がしっかりしている
  • 便秘しやすい

 

急性疾患

  • 症状が強く、激しい
  • 汗が出ない(かぜのひき始めなど)
  • 脈がしっかりしている

 

出典:『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』

 

  • 陰証
  • 陽証
  • 虚証
  • 実証

 

これを覚えるのだけでも一苦労ですからね。ですから、ただの肩凝りといっても下記のように、それぞれの『証』によて服用すべき漢方薬は違ってくるのです。

 

うなじのこわばり、汗をかきにくい

  • 葛根湯(かっこんとう)

 

のぼせ、口がにがい、肋骨の下の圧痛、不快感

  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

 

冷え、自然発汗、関節の痛み

  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
水滞:虚

 

冷え、貧血、むくみ、月経異常

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
瘀血:虚証

 

のぼせ、月経異常

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
瘀血:虚実間

 

のぼせ、便秘、月経異常

  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
瘀血:実

 

冷えはないか、あっても強くない

  • 疎経活血湯(そけいかっけつとう)
血虚:虚実間

 

五十肩

  • 二朮湯(にじゅつとう)
血虚:虚実間

 

出典:『NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版』

 

ただの肩凝りと言っても、これだけの種類を使い分ける必要があり、案外漢方薬は複雑で、覚えるのが一苦労なんですよね。

 

先生

カスタマイズが細かくてめんどくさい人もいるだろうけど、それだけ自分に合ったものを使えるってことだから、より高い効果を得られるって思えばいいよね!
たしかに!

ハニワくん

 

1 2 3 4 5 6 7 8