名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

このことについては、ブッダ孔子キリスト、そしてソクラテスを含めたすべての四聖が言っている。

 

『負の連鎖を断ち切る』こと、『勝って奢らず、負けて腐らない』こと、『諸行無常』だということ。

 

人はいずれ必ず、死ぬ。その事実に嘆き、悲しみ、否定するのではなく、それを受け入れることが求められているのだ。それならば、悔いのない人生を生きるはずだ。

 

勝って奢り、負けて腐る、そういう刹那的な人生の生き方は『損』であり『無駄』とわかり、悔いの残らない建設的な人生を生きるために、小さく負け、大きく勝ち、人生をひた歩くべき姿こそが、人の生きる道だと、知るはずである。

 

そして、決して、『膨張』の道を歩いてはならない。膨張は、儚い。踏むべき手順を踏まずして膨らんだ風船は、自分も予期せぬ簡単なことで、虚しく弾ける。最後に勝つのはカメだ。ウサギのような虚しい人生を生きるのはやめ、『膨張』ではなく『成長』の道をひた歩き、自分の最愛の子孫へと、命を繋いでいくべきなのだ。

 

 

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソクラテス『人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『富は良心をもたらさない。しかし良心は、富ばかりでなく、望まれるもの全てを、個人にも国家にももたらすのである。』

 

『何人も本意から悪人たるものなし。』

 

『人間の美徳はすべてその実践と経験によっておのずと増え、強まるのである。』

 

『殺されるかまたは他の憂き目に遭わなければならないなどということは、不正を冒すよりも遥かにましなのだ』

 

『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ。』

 

『死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か。』

 

『あなたのあらゆる言動を誉める人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。』

 

『良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ』

 

『幼にして謙遜なれ。 弱にして温和なれ、壮にして公正なれ。 老いては慎重なれ』

 

『わたしは法廷に家族を呼び、無罪の投票をするように同情をお願いする。そんなことは絶対しない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP