名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『内部で創り上げた意志を、外部と切磋琢磨していく。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

孔子の2000歳年下の王陽明が言った、知行合一』。これは、『知っているだけで、行動に移せないのであればそれは、知らないと等しい』という意味である。

 

孔子はいつも自分で考えて思慮にふけ、それで解決策を導き出すような思慮深い人間だった。しかし、それにはやはり限界があった。外から『学ぶ』ことには、及ばないことを知るのだ。

 

確かに自分と向き合う思慮の時間は、とても重要だ。いやむしろ、どちらかといえばその時間の方が重要だと言っていいだろう。自分の心に深く潜って内省し、自分が何のために生まれてきたのか、何をして返してこれたのかを考える。

 

どこでわだかまりを覚えたか。何を犠牲にして、どれだけ迷惑をかけたか。残りの人生で何が出来るか。どれだけのことを成し遂げられるか。死と向き合い、人生と向き合い、人生を更に生きる為にその時間は、極めて重要。むしろ、避けて通れない。

 

しかし、それだけではやはり限界がある。まずその時間を確保した上で、次はやはり外部から『学ぶ』ことが必要になってくる。

 

さしずめ内省は『重要』、学ぶことは『必要』ということだ。それに王陽明の言う通り、知っているだけでは知識があるとは言えない。自分一人で達観しても、それは独りよがりになりかねない。従って、積極的に外部要因と接触していき、切磋琢磨していく必要があるのだ。

 

内部で創り上げた意志を、外部と切磋琢磨していく。この考え方が、人をどこまでも向上させるのだ。

 

 

参照:子曰わく、学びて思わざればすなわちくらし、思いて学ばざればすなわち殆し。

(為政第二-十五)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

孔子『内部で創り上げた意志を、外部と切磋琢磨していく。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『焦り、迷うだろう。それでいい。40歳が節目だ。この年齢までに、心を整えよ。』

 

『歪曲した解釈はダメだ。しかし、適応させていくことは必要になるのだ。』

 

『法律?私は認めていない。』

 

『知らないことを知らないと言えるのが、本物の知者である。』

 

『リーダーはスペシャリストを経て、ジェネラリストになれ。』

 

『あなたは本当に信心深いか?エセ(似ているが違う人)ではないのか?』

 

『無用の学を重んじよ。』

 

『カメの生き様を見極めよ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP