名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『”先生”が”後生”に抜かれたらシャレにならんぞ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

先生と言う言葉は、そもそも『先に生まれた者』である。つまり後生とは、『後に生まれた者』である。先輩と後輩だ。そもそも、『先生』が生徒に何かを教えるという起源は、そこからきているのだ。学校や塾などという概念がない中、ものを教えるのは当然この『先生』だった。

 

『これを食べてはいけないよ。毒だからね。』

 

ごく自然に、先生が後生に指導、助言、教育をする。往々にしては、それで成り立つ。

 

だが、『先生』に甘んじて、『後生』を侮っていると痛い目に遭う。『後生』だからといって先に生まれた人間よりも無知で無力だと思うなら、痛い目に遭うと言っているのだ。

 

実を言うと私も今、気に入らない『先生』が両手に数えるくらいいる。私の場合、家族、親族、身内だからといってえこひいきすることはしないと決めている。それは『越権行為』であり、『特権の乱用』。他の『後生』がそのえこひいきを見たら私への信用はたちまち消滅することがわかっているからである。

 

だから私の『先生』になり、殿様のような態度を取りたいなら覚悟した方がいい。 ”先生”が”後生”に抜かれたらシャレにならんぞ。私は後生には厳しい愛情を注ぐことを恐れないが、先生なる者には、それ以上の要求をし続けるつもりである。

 

だから、もし数十年後、この世から私の『先生』がいなくなれば、少しこの世は、つまらなくなるだろう。

 

 

参照:子曰く、後世畏るべし。いずくんぞ来者の今に如かざるを知らんや。

(子罕第九-二十三)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

孔子『”先生”が”後生”に抜かれたらシャレにならんぞ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『私と同じ境遇の人はいるかね。あまりにも人と話が合わないので多趣味になったのだ。』

 

『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』

 

『躾け?虐待?そこに愛があるかどうかだ。』

 

『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』

 

『迷い、憂い、恐れ。1+1の答えを言うときにその感情があるかどうか考えると良い。』

 

『物事を成し遂げようと思ったら、別に自分の代だけで終わらない時もある。』

 

『”力”に屈するな。力づくで何かを捻じ曲げようとする気持ちも、その範囲内だ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP