名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『人間が考えた断食は、物を食べないことを言うらしい。だが、私の言う断食は違う。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

『人間が考えたあらゆること』は、疑ってかかった方が良い。 何しろ、人間は恒久的に未熟なのだ。人間だってそれがわかっていて、日進月歩で試行錯誤しながら、研鑽していくことを前提に行動している。

 

ここで言う『断食』もそうだ。『物を食べないことを決める』などと、それは人間が勝手に『やってみた』ことであり、そこに真理はない。

 

聖書にはこうある。
『神の命じる断食は、物を口にしない苦行のことではない。困窮している哀れな人たちの横で行う見せかけの苦行ではない。』

 

釈迦も、ブッダになる前の修行で、何日も断食をしたり、寝ないで瞑想したりと、ありとあらゆる苦行を体験し、不快感の刺激を与え続けたが、結局その『苦行』では、『この世の苦しみ』からの解放を得ることは出来なかった。

 

本当の『断食』とは、『食べ物があっていつでも食べられるが、あえて食べない』ことを指すのではない。『物があったら、物が無い人に与え、肉親に与え、他人に与え、 結果的に自分の物が無くなる』ことを指すのだ。

 

『金持ちの小さな器だけを満たす余興』『公明正大に満たそうとする豊かな心』。

そこにある違いは決定的である。

 

 

参照:『イザヤの書 第58章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『人間が考えた断食は、物を食べないことを言うらしい。だが、私の言う断食は違う。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『謙遜な人であれ。』

 

『真理の上に喜びを見出した人間の、なんと光眩しいことか。』

 

『この世は確かに儚い。だが、だからこそ尊いのだ。』

 

『確かに恋愛と友情に関する方程式はない。…だが、真理ならある。』

 

『ブッダ曰く、諸行無常である。だが、愛は変わらない。』

 

『神という名に抵抗があるなら、無理にそれを使う必要はない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP