『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『人生とは”海”だ。波乗りをするなら、波に逆らうな。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

先日『PRESIDENT』で美輪明宏の語る『正負の法則』というものを見たと思ったら、 昨日ブッダの言葉で『頑迷さを捨てるべきだ』と内省したところだ。そして今日聖書の言葉を内省しようと思ったら、『怒らずに耐えよ、自惚れるな』とあるではないか。

 

正負の法則』というのは、 人生を生きていると、『正』の経験があれば、『負』の経験もある。 良い方に物事が転がっていると思ったら、それはいつまでも続くことは無く悪い方に事態は転落するし、悪い方に物事が転がっていると思ったら、それもいつまでも続くわけではなく、いずれ耐え忍んでいれば事態はいい方向に発展する、というもの。

 

だからいちいちそのたびに、自惚れたり、落ち込んだりする必要はないということ。つまりこれは、私 がかつて恩師から教わった、『勝って奢らず、負けて腐らず』 だということなのである。

 

『頑迷さ』に関しては、『頑固さ』とは違うということ。意志が固いのとは別で、 意志が頑なになりすぎていて、それは傲慢である、ということ。柔軟性がないということだ。自分の意志で『波の流れ』に逆らえると思っている。その考え方は、危険なのである。

 

そして私は常々、孫子の兵法である『風林火山』を重んじてきた人間。『火』のように自分も相手も燃え尽きるまで攻めると思ったら、周りから見たら不気味さを覚えるくらい、『山』のようにピタリと動かなくなる。その背景にあるのはやはり、 この『自惚れるな』、『自分を過信するな』というテーマがあり、今回のテーマにあるように、『波乗り』を意識した考え方、あるいは戦略があるのだ。

 

物事には『時』というものがある。天の利、地の利、そして時の利を支配して、波乗りをする。自分の思い通りに行く(自分は波に逆らえる力がある)と思ったら、人生という海で、その波には乗れない。逆に、人間の力を過信したことで、波にのまれてしまうだろう。

 

ありとあらゆる知者が同じ警告をするこのテーマ。それでも逆らうか。それとも受け入れるか。人生とはそういう一つ一つの、トレードオフ(二者択一)で成り立っているのである。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
シラの書 第1章。

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧