名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『白から黒はすぐだ。だが、黒から白に戻すのは容易ではない。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

普通に考えてそうだ。 白から黒は一瞬にして染まる。だが、黒から白には戻らない。同じように、悪に染まりきった人間が清廉潔白な人生を生きるのは難しい。

 

例えば、麻薬をやると『神経』が出来てしまうという。つまり、『あるはずもない神経』だ。普通の人は、ない。知らない世界なのだ。見たことがない。そういう感覚を得る。幻聴だとか、幻覚だとか、そういう『異常』な世界。

 

その世界を『見た』ことで、『知って』しまう。それは、新しい神経となって根付いてしまう。そしてその神経のせいで、どうも満たされないという気分になってしまう。これが『薬物依存症』の正体である。

 

同じことだ。この神経を作るのは簡単だ。麻薬を使えばいい。だが、この神経を無かったことにするのは容易ではない。薬を飲んで治るのなら、麻薬依存で苦しむ人間はいないだろう。だが逆に、『そういう仕組み』だからこそ、軽はずみに『その道』に足を踏み外さないように教育するようになる。

 

麻薬、戦争、森林伐採、資源不足、死、『取り返しのつかないこと』があるからこそ、人は学習し、矜持を持つのだ。

 

人も企業も、信頼を作るのは気が遠くなるほど大変な道のり。だが、それを崩すのは一瞬の時間で充分。人間は、まずこのことについてじっくりと考え、全ての教育者は、対象者が取り返しのつかなくなることをする前に、『あらゆる手段を使って』それを教育するべきである。

 

 

参照:『エレミヤの書 第13章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

キリスト『白から黒はすぐだ。だが、黒から白に戻すのは容易ではない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『真理に目を向けられないのが、もし”臆病者”だとしたら?』

 

『不誠実が嫌いなら人間を辞めるしかない。赤子が誠実なのは、人間としてまだ未熟なだけだ。』

 

『なぜ人間を中心に考えなければならないのだ。全て平等に扱う。』

 

『その偶像は一体なんだ?誰がその像を拝めと言ったのだろうか。』

 

『人間は土壇場で本性が変わる。だとしたら彼らの声は、傾聴に値しない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP