名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『いつの世でも金に支配される人間は現れる。そしてその末路は決まっているのだ』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

『金儲け』とは、『罠』である。正直、『儲ける』という言葉は廃れすぎて、使わない方が良い。どう見ても、もう『拝金的』な匂いが抜けきれない。

 

『儲けることはいいことだ。悪い印象を変えないといけない』

 

という人は多いが、識者でもない限りその言葉の真意を捉えられない。大体は、歪曲して解釈する。小人から小人へとそれが伝言され、知らぬ間に歪曲、悪化し、末端の人間にその言葉が届くころには、

 

『俺が金儲けして何が悪いんだ。金こそがすべてだろうが』

 

という考え方に至ってしまうだろう。

 

『義利合一』と言えばいいのだ。

 

少なくとも私が最初からこの言葉、この概念を知っていたら、拝金的な人生を送ることは無かっただろう。どうすればいいかわからなかったのだ。そこに、この言葉が道しるべとなって現れた。

 

『義』を重んじながら『利』を追い求めることは出来る。その道では確かに、緩やかにしか駆け上れないかもしれない。だが、それが『成長』というものだ。バーンと弾けて一気に突き上がり、弾けるのも早い『膨張』とは違うのだ。そこを見誤ってはならない。拝金的な人生とは、『膨張』を求める人生なのだ。

 

長野にある伊那食品工業というのは、実に48年もの間、右肩上がりで黒字を出し続け、成長を続けてきたという。その間にはもちろん、『膨張』の誘惑があった。

 

だが、目が眩む周囲の意見に逆らい、社長は言った。

『売り上げに目が眩み、そこに展開するのはいいが、それじゃ、食品の品質の維持に手が回らなくなり、一番大切な現存のお客さんをないがしろにすることになる。だからその件は断る。』

 

それは英断だった。後に、あの世界的企業、トヨタの会長、社長がわざわざ会社を見学に来るほど、この会社は立派になった。彼らがそこで『膨張』の道に心を支配されていたのなら、今の未来は、築けなかったかもしれない。『義利合一』とは、そういう人生の生き方だ。

 

 

 

参照:『ティモテオヘの第一の手紙 第6章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

キリスト『いつの世でも金に支配される人間は現れる。そしてその末路は決まっているのだ』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『水ばかりの人生も味気ないだろう。たまには酒も飲むのがいい』

 

『罪を免れることが出来た?それはただの勘違いだ。人間の時間と神の時間は違う。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP