名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『この世界に拠り所などない。それを探すのではなく、それを理解することに目を向けるべし。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

拠り所を探しているからこそ、拠り所が崩れたときに、自分の体調を崩すのだ。そのことについて考えたことがあるだろうか。

 

私の母親はクリスチャンで、かつて私にこう言ったことがある。

『私がもし父やお父さん(夫)に依存していたら、もし死んでしまったときに、私も一緒に崩れてしまう。でも、イエス様を絶対主として拠り所にしたら、絶対に崩れることはないのよ。』

 

なるほど。宗教に心を寄せる人間の、それが本心、本音なのである。それ以上でも以下でもない。それがすべてだ。

 

それは一言『弱さ』から来ている。全てを見てきて、死ぬほど葛藤してきた私が出している答えだ。間違いない。その『弱さ』故に、宗教に心を寄せる。ある親族には、『弱いからだけじゃないだろ』などと軽薄な発言を私にする人間がいたが、彼は未だにそのことについて私に謝罪することが出来ていない、臆病者である。彼は私よりもうんと年上の為、私には強く彼を批判する権利がある。

 

彼は最初私に怯えて、敬語を使っていた。私の実の父親と同じくらいの年なのに、私が荒れた少年時代を送ったこともあり、怖かったのだ。だから、私は気を遣い、率先して話しかけてあげて、危害を加えないことをメタで(暗に)伝えた。しかし、それが彼の勘違いを助長させてしまった。

 

全く人というのは、怯えるか思い上がるか、落ち込むか浮つくかで、地に足がつくことのない、未熟な生き物である。宗教に対して死ぬほど悩まされ、これらのテーマについて熟考した私が『弱いから母親は宗教をやっているんだ』と言うと、『弱いからだけじゃねえだろ』と私に反論した。ちょっと前までは怯えて敬語を使っていた人間がだ。

 

私が、『無知で、何も知らない、宗教者を馬鹿にして見下した言い方をした愚か者』の様に見えたのだろう。だが、それこそが彼が『無知』である証拠である。私は宗教についてさんざん考え抜いてきたのだ。彼の様に、蚊帳の外でのほほんと傍観していた人間には、『到底立つことのできない境地に居る』(自分で書くことは無様だが)と思う選択肢もあったはずだが、それを取らなかった。

 

自分がかつて敬語を使って怯えたことの採算を合わせようとしたこともあるだろう。 どちらにせよそんな彼に、物事を見極める見識などない。思えば彼は、幼少の頃から子供だった私に、暴言を吐くような人間だった。そういうことが積もり積もったのだろう。極めて近い親族なのに、名前すら知らないという距離感が、それを物語っている。

 

とにかくここからわかるのはこういうことだ。『蔓延しているからといって、その常識が正しいということにはならない』ということ。つまりここでいうなら、『宗教をよりどころにしている人間は、大勢いる。大勢いるが、だからといってそれが正しい在り方だとは限らない。』ということなのである。

 

実際にブッダは、

『本来は、特定の宗教や人への信仰は必要ない。』

と言って、崇拝の的となることを拒否していていた。

 

今ある仏像の在り方も、全てブッダの教えとはかけ離れている。にもかかわらず、人は仏像に手を合わせ、何かを祈り、願い事をする。

 

また、ブッダはこうも言う。

『外に答を求めるな。孤独の状況で自分の内面と向き合うべし』

 

つまり、そもそも冒頭で母親が言った、

『何かに依存すると、それが崩れたときに自分も崩れる。でも、神様に依存すれば、崩れることはない。』

 

というセリフは、的を突いているようで、外しているのだ。そして、その的を外した常識が、さも『それっぽい』から、蔓延しているのである。

 

更に一歩踏み込んで考えるのだ。自分が崩れたくないという理由で、特定の神に身を委ねることは、自分本位ではないのか。その思想は、自分で選んでいるからして自分の意志。それを揶揄されたり攻撃されることは耐え難く、時には攻撃し返すこともある。それが不和であり、確執であり、戦争である。

 

だとしたらその委ねた宗教は、人間の在り方として間違っている。そもそもが、自分が助かりたいという私利の気持ちから、発展しているのだ。

 

『諸行無常』とは、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。

 

世界は、諸行無常なのだ。最初から、そうなっているのだ。だとしたら、『自分が崩れない為に何かに身を委ねる』という発想は、そもそも間違っているのだ。自分は、いずれ崩れるのだ。それが、宿命なのだ。それを理解すればこっちのものだ。

 

ブッダは言う。

『私はかつて、拠り所を求め世界中を探究してみたけれども、グラグラ振動せず移ろいゆくことのない安らかなところなど、どこにも見つからなかった。』

 

固執、執着、依存。これがあるからこそ、人は憂い、悩み、苦しむのである。人間だけではなく、この世における生きとし生ける者全ての生命が等しく、儚く、そしてだからこそ厳かで尊いのだ。私も、母も、その親族も全て、平等の命なのである。

 

 

参照:経集937、法句経277

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ブッダ『この世界に拠り所などない。それを探すのではなく、それを理解することに目を向けるべし。』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『本来は、特定の宗教や人への信仰は必要ない。』

 

『表裏的な人間の罪深さを知れ。』

 

『逃げても無駄だ。だが、なぜ絶望に浸る必要がある。逃げなければいいだけだ。』

 

『”ある”のは本当に幸せなのだろうか。』

 

『死んだら終わりだ。それは暗い話ではない。だとしたらやるべきことは一つだ。』

 

『私は固執しない。それは執着だからだ。執着は罪である。心を乱す源である。』

 

『眠るときでさえ、人は動いている。だとしたら人間はやるべきことは一つだ。』

 

『分け隔てない人間関係を築けているか。いないなら、それは人間の姿ではない。』

 

『人を騙さない人は大勢いても、軽んじない人は意外に少ない。』

 

『全ての生命が、安穏でなければならない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP