名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『自分の心の管理棟に入れ。自分以外、誰がそこに入るというのか。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

自分の心には、まるで『虫歯』や『口内炎』の様に、『異常な物質』が存在すると考えていい。つまり『ウイルス』の様にそれは潜んでいて、それが暴走して抑えられないときがあるのだ。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

と書いてあるが、つまり『聖性=愛』、『魔性=悪い心』なのである。悪い心というのは、例えばキリスト教の7つの大罪で言えば、

傲慢、強欲、色欲、暴食、怠惰、憤怒、嫉妬、

 

が挙げられる。確かにこれを見ると、『魔性という悪い心』は暴走する傾向がある。それに支配されて、我を見失っている状況が、容易に想像できるはずだ。人間だったら誰もが一度は、これに憑りつかれたことがあるのではないだろうか。

 

だが、『管理棟』に入って、『コックピット(操縦席)』に座ろうと意識すれば、 案外この『魔性』の暴走を制御できるものだ。やってみるといい。最初こそ慣れなかったとしても、すぐにコツを掴むはずだ。

 

重要なのは、『コックピットに座る』という意識を持つことである。その意識を持てれば、もう半分自分を支配したようなものだ。

 

 

参照:法句経33

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『自分の心の管理棟に入れ。自分以外、誰がそこに入るというのか。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の心が苦痛だと嘆く前に、快楽を感じたことについて考えてみよ。』

 

『浮ついて、落ち込んで。それが原因で失敗をしているなら、それは誤った心の在り方である。』

 

『心と向き合う時間を作った方が良い。それはこの先どんなことがあっても変わることがない。』

 

『感情に身を任せない。いや、というよりも、信号に身を任せないよう心掛けよ。』

 

『理不尽に出遭えば、負の感情に支配されそうになる。だが、心を落ち着けよ。』

 

『そもそも、”教祖様”も”わけのわからない像”もただのこじつけである。』

 

『人はどんどん老化していく。そう考えると、偉そうにしていることがとても虚しい。』

 

『自分をマスター(支配)せよ。それは思っているより楽しいことだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP