名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『そもそも、”教祖様”も”わけのわからない像”もただのこじつけである。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

わけのわからないその『教祖様』は一体誰なのだろうか。それにすがって、何かいいことでもあるのだろうか。単なる洗脳だ。時間の無駄だからやめた方が良い。というか、他の人にも悪い影響を及ぼす。だから今すぐやめなければならない。

 

それで取り返しのつかない事態や事件に発展して、『私は無関係です』では済まされない。依存しておきながら、崇拝しておきながら、それは絶対に許されない。だとしたらそれをするときは、細心の注意を払わなければならない。

 

今この瞬間も、ある宗教を掲げた人間が武装をして、日本人を誘拐したというニュースが入った。もちろん日本人だからというわけではない。そういう風に、『わけのわからない宗教』のせいで、無関係な人が巻き込まれている。それが許されていいわけがないのだ。

 

彼らは『聖戦』という詭弁を盾に、人殺しをしている様にしか見えない。では、イスラム教とは、=テロリストなのであろうか。

 

世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

 

───▼

 

宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのか。これはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

 

───▲

 

もう一度言おう。『わけのわからない宗教』も『わけのわからない像』も『木』にさえも、『神』など宿っていない。今すぐ道を引き返すべし。

 

 

参照:法句経188,189

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ブッダ『そもそも、”教祖様”も”わけのわからない像”もただのこじつけである。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の心が苦痛だと嘆く前に、快楽を感じたことについて考えてみよ。』

 

『浮ついて、落ち込んで。それが原因で失敗をしているなら、それは誤った心の在り方である。』

 

『心と向き合う時間を作った方が良い。それはこの先どんなことがあっても変わることがない。』

 

『感情に身を任せない。いや、というよりも、信号に身を任せないよう心掛けよ。』

 

『理不尽に出遭えば、負の感情に支配されそうになる。だが、心を落ち着けよ。』

 

『自分の心の管理棟に入れ。自分以外、誰がそこに入るというのか。』

 

『人はどんどん老化していく。そう考えると、偉そうにしていることがとても虚しい。』

 

『自分をマスター(支配)せよ。それは思っているより楽しいことだ。』

 

『逆境?それこそが自分の真価が問われる瞬間だ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP