名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『まさか、表面的なことが整っているからといって、彼が人格者だと思っているわけではあるまい。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

重要なのは表面ではなく、内面である。表面などいくらでも取り繕えるし、着飾れる。だから表面に出ていることなど、着眼点として相応しくない。

 

メタの世界』とは、水面下の世界だ。表面上ではない。表面上では違う自分を装って、水面下で主導権を握る。かの『赤壁の戦い(レッドクリフ)』で天才軍師の周瑜が見せたのもそうだ。 周瑜はこれらの原理をよく理解していたからこそ、それを逆に利用した戦略で情報操作をし、敵を錯乱させた。

 


人は普通、相手が『自分よりも能力が劣っていてほしい』と願うものだ。戦略として考えるときは、だとしたら、『それ』を利用すればいい。相手が思う劣った人物像を演じ、 相手の過信と優越感の種を増幅させ、盲目にさせてしまえばいいのだ。

 

(やっぱり俺の思惑通りだったか)

 

と思い上がった敵の操作など、あとはもう簡単。これを考えただけでも、表面的なことなど一切あてにならないことがわかるはずだ。自分にとっての真の友人とは、当然、おべんちゃらを使って媚びへつらうような人間ではない。心の底から心配したり、あるいは喜んだりしてくれる、損得利害を超越した、心の友のことである。

 

 

参照:経集254

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『まさか、表面的なことが整っているからといって、彼が人格者だと思っているわけではあるまい。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『車の運転事故がある。そして、無いこともある。それはなぜだと思うか。』

 

『身分相応と、身分不相応という言葉を知ると、人として一気に上に行ける。』

 

『いつも心が乱れている様な人とは一緒に居ない方が良い。つまり、自分を過信しないこと。人間を過信しないこと。』

 

『まさか、損な役を買って出て、自分の心の汚れに手を突っ込んでくれた人間を、友人ではないと無下にしてはいないだろうな。』

 

『欠点や美点で判断するような人間を、まさか友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『テイク(貰う)しておいてギブ(与える)をしない。まさか、そんな人間が友人だと思っているわけではあるまい。』

 

『違和感を覚えるなら無理する必要はない。往々にしてその違和感が正解だ。』

 

『孤高なら理解者がいなくても屈する必要はない。粉みじんもない。それを断言しよう。だが…』

 

『真の友がたまたま周りにいなくても全く問題はない。』

 

『真の友はたまたま周りにいたその人とは限らない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP